本・雑誌

共感してもらうのに大切なことは?:「伝わる」のルール(著:伊藤直樹)

投稿日:2009/11/16 更新日:

「伝わる」のルールの写真

いい映画や本を読んでいると、ほのかに嬉しい気持ちになったり、哀しい気持ちになったり、感情をそっと動かされます。

ブログも同様に、単に日常のことを綴っているだけのブログなのに、なぜか楽しいブログがあります。

しかし、私の文章は説明的になりがちで、私が感じたことを、共感してもらえてないのではという悩みを抱えていました。

そんな悩みを毎日かかえながら、書店で出会ったのがこの本です。

目次

  • 第0講 「伊藤直樹」のルール 河尻亨一 (『広告批評』元編集長)
  • 第1講 「インタラクティブ」のルール
  • 第2講 「仕組みと表現」のルール
  • 第3講 「インサイト」のルール

伊藤直樹さんとは?

伊藤直樹さんは、テレビやウェブなど、メディアにとらわれない広告キャンペーン/ブランディングを得意とするクリエイティブディレクターです。

プロモーション活動や販促活動、広告制作などにおいて、立案からスタッフの管理、制作まで、企画全体の指揮をとって統括するのがクリエイティブディレクターです。(クリエイティブディレクターとは? All About)

共感してもらうのに大切なことは?

受け手に共感してもらうには、仕組みやテクニックではなく、インサイトがもっとも大切だそうです。

インサイトとは、簡単にいえば、その商品や企業との関係における受け手の気持ちや共感点のことです。しかも言語化できていなくて、意識の表面にはないもの。それを顕在化して訴えかけるから、受け手は共感してくれるんです。(「伝わる」のルール P.143)

紹介したいものの特徴を説明したり、内容を説明することに着目していると、それは単なる説明でしかなく、共感は得られないことがよくわかりました。

この本を読んでから推敲方法が変わった

今までブログやメールの文章を書くときは、わかりやすい言葉で、誤解されない表現になっているかというのが、推敲するときの主な観点でした。

しかし、この本を読んでから、「受け手の気持ちや共感点をすくいあげ、共感点と紹介したいものの間を埋めるように語りかける表現になっているか?」という観点で文章を推敲するようになりました。

そこであきらかに違いを感じたのは、修正したい場所が今までとは違う場所ということです。

単にわかりやすい文章から、共感してもらえる文章に変化できそうな気がします。

この本は広告のための本なので、ブログ作成や日常の会話の中で直接使える内容ではありません。しかし、広告の本質は、人の心をつかむことだと思いますので、人の心をつかむプロの考え方を知るのに、とても良い本でした。

「伝わる」のルールを探す→Amazon.co.jp

-本・雑誌

執筆者:


  1. 伊藤直樹×河尻亨一対談 「インテグレーテッド・キャンペーン」で「グルーヴ」を起こす

    メディアサボールのビジネスポッドキャスト「ロングインタヴューズ」第五回目の対談…

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「うつ」とよりそう仕事術(著:酒井一太)の紹介

「うつとよりそう仕事術」は、うつ病で2回の休職を経験された著者が書き下ろした、仕事術の本です。本の内容は、病院のことから始まり、基本的な生活、仕事、うつとの付き合い方、うつ病の人との接し方まで、幅広く …

no image

あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方

あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方の写真

会ったこともないしブログを読んだこともないけど、@OZPAさんは面白い男らしい。しかも、ブログを始めてから半年で、月25万PVをかせぐブログ「OZPAの表4」をつくったらしい。そんな噂を、@kazumotoさんのブログ「Find the meaning of my life.」で見かけました。

しかも、@OZPAさんは最近本を出されたらしいということで、面白い男が書いた面白そうな本を、すぐさまAmazon.co.jpで注文しました。@OZPAさんのブログ、OZPAの表4を読んだのはそのあとのことでした。

no image

reborn 30歳で生まれ変わる。 押切もえ

reborn 30歳で生まれ変わる。の写真

30代になりしばらく経ち、これから先の生き方を考えていたところに、「reborn 30歳で生まれ変わる。」という本が発売されました。

「reborn 30歳で生まれ変わる。」は、30歳になった押切もえさんが、30代の生き方をキーワードに、対談やインタビューを行なった本です。

no image

晩年の子供(著:山田詠美)

晩年の子供(著:山田詠美)の写真

子供の頃。それまでの短い人生の中で造り上げた人生観が、ガラリと変わったような出来事が、誰にでも一つや二つはあると思います。晩年の子供(著:山田詠美)は、そんな出来事の短編集です。

no image

貧乏入門(著:小池龍之介)

貧乏入門(著:小池龍之介)の写真

「貧乏入門」の目次に、「持ち物が増えると、心の中が散らかる」「捨てる技術」という2つのタイトルを見つけ、減らす技術に繋がる考え方かもしれないと思い、Amazonで注文。

届いた本は、和を感じる美しい装丁でした。