本・雑誌

私はこれでスマイソンの手帳に惚れました。 NOTE & DIARY Style Book vol.4

投稿日:2009/11/18 更新日:

NOTE & DIARY Style Book vol.4の写真

ノート&ダイアリースタイルブック Vol.4が発売されていることを、ほしのさんのブログで知り、本屋さんに立ち寄ったときに、Real Design January 2010とともに購入しました。

目次

  • USER
  • NOTEBOOK
  • LEATHER
  • JOTTER
  • PERSONAL ORGANIZER
  • 美しき、日本の紙
  • DIARY
  • MEMO
  • TRAVEL NOTE

巻頭エッセイから引き込まれたスマイソンの世界

私は雑誌やMOOKは、ぱらぱらっとめくって、気になるところから読み始めることが多いのですが、NOTE & DIARYは、めずらしく最初のページから読み始めました。

「手書きで綴るありのままの自分 (著:林玲子)」という巻頭エッセイからNOTE & DIARYが始まるのですが、このエッセイが秀逸。

手書きの手帳を使っている自分を、好きになれるエッセイです。

著者の林玲子さんは、作家さんかと思いましたが、書籍編集者さんだそうです。ミケブログというブログをされているそうで、すぐにRSSリーダーに登録しました。

その林玲子さんが使われている手帳が、スマイソンの手帳。2冊の手帳と1冊のノートを使われているそうです。

編集者さんという、言葉を大切にする職業らしさが出ている使い方で、スマイソンの雰囲気と、そこに書き込まれている文字の雰囲気に、いっきに引き込まれました。

スマイソンの素晴らしさを、思いっきり語りたいところですが・・・あいにく、スマイソンが手元にないうえに、スマイソンを一度も見たことがないので、ひとまず自粛。

簡単に入手できない手帳なので、入手方法を考えているところです。

スマイソンの本国のサイトを見ていたところ、Panama Diary with pocketというダイアリーを発見し、うっとりと写真を眺めています。

NOTE & DIARY Style Book vol.4 を探す→Amazon.co.jp

-本・雑誌
-,

執筆者:


  1. ほしの より:

    スマイソンは、国内だと新宿の伊勢丹メンズ館で一部取扱いをしているくらいだったかと思います。
    どうしてもちょっと割高な価格がついていますので、やはりここは本家サイトの通販に挑戦するのが早道かもしれません。
    カタログを申し込むと、(買わなくても淡々と)毎年届きますし、メルマガを登録するとかなりお買い得なセールが年明けにあったりするので、楽しいですよ。
    …..とここまで書いておいてスマイソン、いまだ実物をみたことがないのです私も(笑)。

    ミケブログさんは素敵なブログですよね。
    その文章からしみじみと影響されて購入したもの、多いです。

  2. ikko より:

    この出版社のステーショナリーのムックは
    眺めているだけで幸せになれるので
    たまに買っています♪
    ・・・これも買ってみようかなぁ?

    今朝の特ダネ!で手帳ランキングやってましたね。イー・ウーマンの佐々木かをりさんが
    コメンテーターなので3位ぐらいにランクインしていた「アクションプランナー」の話題ばかりでしたが・・・(笑)

  3. 吉澤 尚志 より:

    ▽ほしのさんへ
    カタログいいですね〜スマイソンのこといろいろ調べていたら、住所変更後もカタログだけは淡々と送られてくるとか(笑)
    ミケブログさんの文章は、まだたくさん読んでいないので、今週末からの連休中に読みたいです。

  4. 吉澤 尚志 より:

    ▽ikkoさんへ
    今回は、冒頭の文章読むだけでも価値ありますよ(^^)
    佐々木かをりさんの手帳は、数年前に手にしたきりで、しばらく触ってないので、それ以降の改善点が気になります。

  5. デュフレーヌ より:

    この雑誌購入しました。知らない情報があり重宝しています。
    スマイソンは昔良く買いましたが高いので最近は買っていません。ロンドンのお店はすごく洒落ているので好きです。と言っても数回しか行ったことがありませんが。
    様々に工夫された手帳がある中に昔からのシンプルな手帳があるのは貴重だと思います。
    自分の好きなように使うことが出来ます。
    最近の新しい手帳は「手帳に書かされている」気がします。
    テレビを見ましたが佐々木さんはみっともないと思いました。

  6. 吉澤 尚志 より:

    ▽デュフレーヌさんへ
    ヨーロッパには一度も行ったことがないので、ロンドンにいつか行ってみたいです。
    テレビは見ていませんが、何があったんだろう?(^^;

  7. デュフレーヌ より:

    私はロンドンが好きで何度か行ったことがあります。スマイソンのお店すごく良いです。
    でも、文房具は日本のほうが面白いものが多く、海外の方も伊東屋に行くと皆さん驚きます。日本は恵まれていると思います。
    佐々木さんは自分の手帳をさかんにアピールしていました。普通関係者は出さないものだと思います。売りたい気持ちはわかりますが、奥ゆかしくして欲しいと思います。

  8. 吉澤 尚志 より:

    ▽デュフレーヌさんへ
    伊東屋。この間、東京に行ったときに、ちょっと余裕がなくて立ち寄れませんでしたが、一度行ってみたいお店です。次に東京に行くときは、どうにか時間を作って行きたいです。
    佐々木かをりさん、アピールしすぎでしたか・・・社長さんなので、ある程度、押しの強さは大切ですけど、押し付けがましく感じさせてしまうと良くないですね。

  9. ほら買ってしまった・・・NOTE&DIARY

    やっぱり見ちゃうと買ってしまうんですよ・・・

    私のお気に入りリンクに登録してある(勝手に私がリンクして参考にさせて頂いている)

  10. […] 先日、NOTE & DIARY Style Book vol.4を読んだところ、ぎゅうぎゅうに文章を書き込まれたSMYTHSONのノートの写真を目にし、「ノートには、こういう使い方もあるのか」と驚きつつ、楽しそう […]

  11. […] NOTE & DIARY Style Book vol.4のレビュー記事にも書いた通り、林玲子さんの記事を読んで以来、スマイソンの手帳を一目見たいと思っていましたので、荷物が届いてからテンション上がって […]

関連記事

それだけのために作られた道具を愛する

必要なものだけをじっくり時間をかけて選びぬいて、それを大切にながくながく愛着をもって使っていく。りえさんの服、持ち物、道具を見ているとその価値観が伝わってきます。そして、モノに対し、なんにでも使えると …

決定版ノート術 日経ビジネスアソシエ 2010.03.02号

いきつけの書店に立ち寄ったところ、「ノート術」と大きく書かれた日経ビジネスAssocieが平積みにされていて、思わず手に取り、そのままレジへ。 日経ビジネスAssocie 2010.03.02号の「決 …

MOLESKINEをもっと使いたくなる「モレスキン 人生を入れる61の使い方」

モレ本2(モレスキン 人生を入れる61の使い方)の発売日が決まり、Amazon.co.jpで予約開始された頃、著者の1人である中牟田洋子さんから、献本させて頂きたいとの連絡をいただきました。MOLES …

LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵の表紙の写真

LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵(著:高城剛)

持ち物を減らして身軽に世界中を飛び回っている高城剛さんが、実際に利用されている物が紹介されている書籍、「LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵」がリリースされました。 前作LIF …

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか(著:美崎栄一郎)

『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか(著:美崎栄一郎)』を読み終わりました。 Amazonの書評で評価が高く、著者の美崎栄一郎さん(公式サイト)が各方面で活躍されているようなので、気になる一 …