本・雑誌

書いて稼ぐ技術 (著:永江朗)

投稿日:2009/11/23 更新日:

書いて稼ぐ技術 (著:永江朗)の写真

あなたの文章を、是非、買わせて欲しい。

そう言われるような文章を書けるようになりたいと思いつつ、本屋さんに立ち寄ったところ、「書いて稼ぐ技術」というタイトルが目にとまりました。

目次

  • Part1. 書いて生きるということ
  • Part2. 読み書きのしかた
  • Part3. 世渡りのしかた
  • あとがき

文章の書き方は載っていません。

「書いて稼ぐ技術」というタイトルから、文章の書き方がたくさん書かれているものと思い込んで読み始めたのですが、文章の書き方についてはほとんど触れられていませんでした。

ひとつは、文章の書き方などは類書がたくさんあるのでできるだけ触れない。ふたつめは、「どうやってなる」「どうやって続けていく」という、いわばキャリアデザイン的な部分に力を入れることです。(書いて稼ぐ技術 P.219)

文章の書き方以前の技術

文章の書き方については触れられていませんが、「Part2. 読み書きのしかた」の中で、記事のテーマの決め方や、取材のしかたが解説されています。

解説されている内容を読んだところ、ブロガー向けの記事の書き方や、マーケティングの技術にも共通点がありました。

その中で、ブロガー向けの記事の書き方との、一番の大きな違いは、図書館の使い方や、古書店の使い方です。

特に古書店に関しては、普通の書店では代わりが効かない利用方法が説明されていました(古書店に行きたくなった)。

また、ライターの役割についても書かれており、そういう考え方でライターをすれば、確かに読者に喜んでもらえると、強く感じるものがありました。

ネット上で話題になった記事を思い浮かべて、ライターの役割に照らし合わせて考えてみたところ、ぴったり当てはまりました。

書いて稼ぐ技術(著:永江朗)を探す→Amazon.co.jp

-本・雑誌

執筆者:

関連記事

幸せおとりよせノートの作り方(著:さとうめぐみ)

手帳セラピスト、さとうめぐみさんの著書「幸せおとりよせノートの作り方」を、編集者さんから頂きました。 成功するためのノート術は、いろいろな雑誌や書籍が出ていると思います。しかし、幸せになるためのノート …

Evernoteの教科書「EVERNOTE情報整理術 (著:北真也)」

Evernoteとは、あらゆる情報をまとめて管理できるツールです。管理対象の情報は、テキスト、画像、音声など、様々な情報を管理することができます。2010年頃からEvernoteの名前をよく見かけるよ …

元総理の使う文房具が興味深い、文房具の極

最強、極、逸品といった安っぽい言葉が前面に押し出され、文具とは関係なさそうな流行のタレントを起用した表紙に、流行ものを羅列しただけの私が苦手な本かもしれないと思いつつ、たまには流行にながされてみるのも …

LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵の表紙の写真

LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵(著:高城剛)

持ち物を減らして身軽に世界中を飛び回っている高城剛さんが、実際に利用されている物が紹介されている書籍、「LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵」がリリースされました。 前作LIF …

趣味の文具箱 vol.24

趣味の文具箱を手にしてまず最初にやるのは、ぱらぱらっとめくること。最初からひとつずつ読み始めると、使っているところを、あれこれ想像してしまい、なかなか読み進められないためです。 今号も、ぱらぱらっとめ …