本・雑誌

グレイトブランド物語「能率手帳」 モノ・マガジン 1-2.16 合併号

投稿日:2009/12/17 更新日:

グレイトブランド物語「能率手帳」 モノ・マガジン 1-2.16 合併号の写真

モノ・マガジン 1-2.16合併号に、グレイトブランド物語「能率手帳」(142〜148ページ)が掲載されていました。

発行60周年を迎える能率手帳の歴史や、野口晴巳 日本能率協会マネジメントセンター代表取締役会長が手帳を使っている風景の写真などが掲載されています。

グレイトブランド物語「能率手帳」 モノ・マガジン 1-2.16 合併号の写真

私が気になったのは、やはり、野口晴巳会長の手帳の写真(上の写真は、その写真のうち1つを、接写撮影)。

手帳に書かれた文字が、はっきり読み取れる大きな写真はありませんし、写真点数が多いわけでもありませんが、能率手帳にびっしりと書き込まれた文字に、力強さを感じます。

こうして、実際に使われている能率手帳の写真を見ると、能率手帳の格好良さが数倍増加。能率手帳ゴールドの品質の良さは、数年前に手にして実感していますから、同じ手帳を使いたくなる衝動に駆られます。

ところで、野口晴己会長と言えば、能率手帳の流儀。ひさしぶりに、能率手帳の流儀を読み返したくなりました。

能率手帳の流儀を探す→Amazon.co.jp

-本・雑誌
-

執筆者:


  1. デュフレーヌ より:

    これは早速買わなくては。
    GOLDはすごく人気有りますね。
    元祖?「黒革の手帳」

  2. 吉澤 尚志 より:

    ▽デュフレーヌさんへ
    ゴールドは、実際に手に持つと品質の良さが伝わってきます。
    あの品質で、もう少し品が良い見た目なら、能率手帳 ゴールドを是非使いたいと、毎年思います。

関連記事

Kindle版 一冊の手帳で夢は必ずかなう(著:熊谷 正寿)

いまの手帳ブームがはじまるきっかけを思い浮かべたときに、すぐに思い浮かぶのが「一冊の手帳で夢は必ずかなう(著:熊谷正寿)」です。 一冊の手帳で夢は必ずかなう(Amazon.co.jp) 私自身も、「手 …

電子書籍の衝撃(著:佐々木俊尚)

電子書籍の衝撃を探す→Amazon.co.jp 「電子書籍の衝撃(著:佐々木俊尚)」は、出版関係者だけでなく、IT技術者も絶対に読んでおくべき1冊。 電子書籍の衝撃を通して、「記号消費とマスメディアの …

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)は、おそらく、日本で始めてのMOLESKINE専門書。 MOLESKINEの歴史や使い方、カスタマイズの仕方、相性の良い文房具などを紹介してお …

Kindle版 日経ビジネスアソシエ 2014年 11月号 最強の手帳術

「日経ビジネスAssocie 2014年11月号 最強の手帳術」のKindle版が発売されていました。 Kindle版 日経ビジネスアソシエ 2014年 11月号 最強の手帳術 最近、紙の本をほとんど …

カタチのいい文具 – REALDESIGN 2010年10月号

どんなに機能が優れていても、美しくないものを使うのは嫌。 REALDESIGN 2010年10月号は、カタチのいい文具特集。美しいものが好きな人なら、きっと気になるはず。 店頭で平積みにされていたこの …