Google ADS 自動サイズ

本・雑誌

松浦弥太郎 日々の100

更新日:

松浦弥太郎 日々の100の写真

「日々の100」という本を、しばらく前から読んでいました。

暮しの手帖編集長であり、文筆家であり、書店店主でもある、松浦弥太郎さんが愛用されている100品について、本の中で語られています。

語られている内容は、その品の付き合い方や、その品と出会うときっかけとなった人々のことなど、その品と、松浦弥太郎さんや様々な人々との関係について書き綴られています。

書き綴られた文章を読んでいると、日だまりに静かに座ってお茶でも飲んでいるような、心地良い気持ちになります。

紹介されている品への強い物欲が湧いたり、すぐさま試したくなるノウハウが紹介されたりしているわけではありませんが、その品と人との関係から、その品の存在がいっそう美しく、いきいきしてくるのを感じました。

だから、本の中にある、日だまりのような心地良さを求めて、本の中で語られている品を、単にお金を出して買っても、たぶん虚しくなるだけ。

その品を通して暖かさを感じたいなら、関係を作れる人になることが大切。

日々の100を通して、人と品の関係を、あらためて意識することができました。

日々の100を探す→Amazon.co.jp

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-本・雑誌

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.