Google ADS 自動サイズ

本・雑誌

「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!(著:池田知恵)のレビュー

更新日:

「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!(著:池田知恵)の写真

慢性的な寝不足。

それが、わたしの悩みです。

早寝早起きすれば良いのだけれど、何かに夢中になると、寝るのを忘れてしまう。気付くと、深夜1時や2時に・・・。

そんなわけで、睡眠に関する本に興味があり、『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』(著:池田千恵)を入手。読みやすい内容だったので、さらっと読めました。

目次

  • プロローグ
  • 1. 少しでも楽に朝4時起きをするには?
  • 2. そもそも私が早起きを始めた理由
  • 3. 朝4時起きで得した時間を仕事に活かす
  • 4. 朝4時起きで最適なワークライフ・バランスを!
  • 5. ワークとライフを上手に融合させる方法
  • エピローグ

「割り切り」と「仕組み化」が必要

早く起きるときは誰でも眠いし、遅く起きても眠いという割り切りをもとに、目が覚めたらガバッと起きてしまう割り切りや、ブログで早起き宣言したり、朝絶対にやらなければいけない仕事を残しておくことで、早起きを仕組み化する方法などが解説されていました。

割り切り方や、仕組みの作り方は、人それぞれあった方法を見つけると良いと思いますが、「割り切り」と「仕組み化」による早起きの方法は、たしかに面白そう。

睡眠ライン

一般的に、7時間くらい睡眠をとると良いとされていますが、ひとそれぞれ適正な睡眠時間は違います。そのため、睡眠時間を「最低睡眠ライン」「適正睡眠ライン」「超過睡眠ライン」の3つに分類しています。

  • 最低睡眠ライン:次の日ちょっと眠いけれど、なんとか大丈夫なライン
  • 適正睡眠ライン:集中力が出て、眠くならないギリギリのライン
  • 超過睡眠ライン:寝すぎて頭がボーッとしてしまうライン

私の場合、平日はいつも寝不足なので、まずは、適正睡眠ラインを確保できるようにしようと思います。

早起きした時間の使い方

早起きしても、何もせず漫然と過ごしていたら、早起きの意味がありません。

1日を気持ちよくすごし、仕事を気持ち良くこなし、プライベートも気持ちよくするために、早起きした時間を使って、考える時間や勉強する時間にすることを、本の中で提案されています。

そのための、勉強方法や手帳の使い方、考え方などが掲載されています。

目立ったところでは、7つの習慣の考え方や、ワタミ手帳の使い方、iPodや電子辞書を使った勉強方法が解説されています。

まとめ

睡眠時間を短縮して早起きする方法ではなく、きちんと、睡眠をとって早起きする、健康的な方法が掲載されています。

確かに、睡眠せずに早起きするのは、食べないでダイエットするようなもので、身体に悪いに決まってますから、まずは適正な睡眠時間を割り出して、早起きすることが大切ですね。

「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!を探す→Amazon.co.jp

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-本・雑誌

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.