本・雑誌

お気に入りの文房具と暮らす

投稿日:

「お気に入りの文房具と暮らす」の写真

Amazonのおすすめ商品のリストに、たびたび登場してきて、少し気になっていた本。「お気に入りの文房具と暮らす」を、ようやく入手しました。

目次

  • あこがれの書斎
  • いつも一緒のわたしの文房具
  • 海外ステーショナリーブランド図鑑
  • 愛される紙ものが生まれる場所
  • こだわりの文房具が見つかるショップ

雑貨屋さんのような文房具の本

街の雑貨屋さんに行くと、家具や文房具、照明などがコーディネートされ、商品が飾られていて、「こんな部屋に住みたいな」「こんな雰囲気なら楽しいだろうな」と、想像がふくらみます。

「お気に入りの文房具と暮らす」は、雑貨屋さんのような構成。

冒頭の「あこがれの書斎」には、文豪風の書斎や乙女チックな書斎など、いくつかのコーディネート例が掲載されていて、自分の部屋をこんな風にしたいという想像がふくらみます。

そのあとに続く、「いつも一緒のわたしの文房具」には、銀座・伊東屋社長 伊藤明さんが使われている文房具や、文筆家 木村衣有子さんの文房具、その他、マスコミ関係やデザイナーさんなど、いろいろな職業のかたたちが使われている文房具が紹介されています。

その紹介のされかたも、さらりと紹介されていて、読者が気負うことなく気持ちよく読める軽さ。読んでいてやる気が出てくる本も良いけど、たまには、ゆるい本も楽しいです。

文房具好きな人には少し物足りないかもしれませんが、ファッションやインテリアが好きで、少し文房具も好きという人にちょうど良い本だと思います。

また、文房具が好きだけれど、思考が偏りがちかもしれないと思ったときに、バランスをとるために読むのにちょうど良い本だと思います。

お気に入りの文房具と暮らすを探す→Amazon.co.jp

-本・雑誌

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

仕事に効くノート術・日経ビジネスAssocie 2012.07

日経ビジネスアソシエ ノート術の写真

日経ビジネスAssocie 2012.07号の特集は「仕事に効くノート術」です。この特集は、自分に合うノートの選び方や、成果が上がるノートの使いこなし方などが約80ページに渡って掲載されています。

no image

決定版ノート術 日経ビジネスアソシエ 2010.03.02号

決定版ノート術 日経ビジネスアソシエ 2010.03.02の写真

いきつけの書店に立ち寄ったところ、「ノート術」と大きく書かれた日経ビジネスAssocieが平積みにされていて、思わず手に取り、そのままレジへ。

日経ビジネスAssocie 2010.03.02号の「決定版ノート術」には、多くのかたたちのインタビュー記事とともに、実際に使われているノートの写真が掲載されています。

わたしのウチには、なんにもない。2 (著:ゆるりまい)

物を減らすといっても、どこまでやれば自分の気が済むのだろうと迷い始め、捨てるスピードが低下していたときに「なんにもないぶろぐ」に出会いました。 ブログで見た著者の部屋の写真は、引っ越し前の部屋のように …

no image

趣味の文具箱 vol.15

趣味の文具箱 vol.15の写真

趣味の文具箱 vol.15が、12月21日に発売されました。

私の手元には、本日、Amazon.co.jpで予約していたものが到着。さっそく読み始めました。

no image

reborn 30歳で生まれ変わる。 押切もえ

reborn 30歳で生まれ変わる。の写真

30代になりしばらく経ち、これから先の生き方を考えていたところに、「reborn 30歳で生まれ変わる。」という本が発売されました。

「reborn 30歳で生まれ変わる。」は、30歳になった押切もえさんが、30代の生き方をキーワードに、対談やインタビューを行なった本です。