未分類

伊東駅の駅弁。祇園のいなり寿司

投稿日:2010/01/31 更新日:

伊東駅 祇園のいなり寿司の写真

伊豆名物。伊東駅の駅弁。祇園のいなり寿司をひさしぶりに口にしました!

子供の頃、地域の運動会などで毎年食べていた、懐かしい、いなり寿司です。

伊東駅 祇園のいなり寿司の写真

包装紙を剥いて、蓋にかかってる輪ゴムをはずすこの瞬間。

いなり寿司の甘い香りがふわっと香って、早くふたを開けて中身を確認し、いなり寿司に食いつきたい気持ちに拍車がかかります。

伊東駅 祇園のいなり寿司の写真

いなり寿司以外には、生姜と割り箸、お手拭きが入っています。

とってもシンプルなお弁当です。

伊東駅 祇園のいなり寿司の写真

生姜を、いなり寿司に乗せて食べるのが大好き!

いなり寿司をほおばると、甘めの味付けの揚げの中から、香り高いすし飯が出てきます。全体的に、少し濃いめの味付けだけれど、揚げの味とすし飯の酢のバランスがよく、それぞれの味が引き立っています。

そして・・・生姜を一緒にほおばることで、揚げの油と甘みが、さっぱり流れて行き、次のいなり寿司に箸を進めたくなります。

私にとっての、美味しい、いなり寿司の代表は、この、伊東駅 祇園のいなり寿司です。他店でいなり寿司を食べる時、それが美味しいかどうか判断する基準も、この、祇園のいなり寿司の味と、どう違うのかで判断しているような気がします。

機会があったら、伊東駅 祇園のいなり寿司を、ぜひ食べてみてください。いなり寿司に付属の生姜を少しのせて、一緒にほおばってみてくださいね!

ちなみに・・・

セブンイレブンのいなり寿司も、生姜を乗せて食べると美味しいですよ♪

-未分類

執筆者:


  1. zipvision より:

    えっ・・・吉澤さま、伊東の人なんですか??私は以前伊豆高原に住んでいて、週一で伊東の絵画教室に通ってました。
    このいなり寿司弁当は一度も食べたことないのですが、大好物のいなり寿司なので、今度買ってみたいと思います。

  2. 吉澤 尚志 より:

    ▽zipvisionさんへ
    伊東出身です。
    絵画教室楽しそうですね。私も子供の頃に通っていて、楽しかった思い出があります。
    いなり寿司、機会があったらぜひ食べてみてください。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オフショア開発と、自己犠牲

カントの人間学と、行動学入門の写真

ソフトウェア開発では、数年前からオフショア開発の取り組みが盛んに行なわれるようになりました。

オフショア開発とは、日本で企画したソフトウェアを、海外で開発するというものです。日本と比べて賃金の安い海外の開発者に仕事を依頼することにより、開発費用を低く抑える効果が期待されています。

ドライブ with TOYOTA 86 秋の富士山周辺

最近、面白い車がないなんて誰が言い始めたのだろう? TOYOTA 86で長時間ドライブできる週末は、楽しみ以外の何者でもありません。 先日、秋の富士山周辺をドライブしてきました。 途中、白糸ノ滝に寄り …

no image

日立 LED電球 LDA7Lの写真付きレビュー

日立 LED電球(全光束:350 lm/電球色相当)HITACHI 一般電球タイプ6.5W LDA7Lの写真

LED電球を探す→楽天市場Amazon.co.jp

玄関の電球が切れて、約一週間。LED電球をようやく手に入れた(給料日を待っての購入でした(^^;)。

LED電球は明るいらしい、長持ちするらしい、消費電力量が少ないらしいなど、マスコミでとりあげられていた利点と、その利点に対するトレードオフとして、通常の電球より高価らしい、という漠然とした知識を片手に家電量販店に向かった。

no image

「在宅勤務の落とし穴にはまらないための8つのカギ」のチェック

「在宅勤務の落とし穴にはまらないための8つのカギ」のチェックのスクリーンショット

「在宅勤務の落とし穴にはまらないための8 つのカギ」をチェックしてみた」(ライフハック心理学)の記事を元に、@rashita2さんがチェックされていたのを見て、私もチェックしたくなりました。

私は在宅勤務者ではありませんが、仕事をするのと同じくらい、きちんとブログと向き合いたいので、在宅勤務されてるかたたちの仕事の仕方に興味があり、チェックしてみました。

no image

アジャイルと創造性

Apple キーボード

私の職業は、IT技術者。ということで、自分の仕事を忘れないために、たまにはIT技術関係の話題を取り上げてみようと思う。

この数年、アジャイル開発手法が日本でも広まりつつある。私がアジャイル開発手法に出会ったのは、Kent BeckがeXtreme Programmingを広め始め、日本でようやく書籍が出始めたころだった。その頃、アジャイルの面白さを説明をしたところ、鼻で笑われ悲しい思いをした記憶がある。