未分類

映画『アバター』の感想

投稿日:2010/02/13 更新日:

アバターのスクリーンショット

3D映画『アバター』を観てきました。

アバターの雰囲気を端的に言うと、風邪の谷のナウシカと、エヴァンゲリオンと、攻殻機動隊と、スターウォーズを混ぜ合わせたような世界観の中で、ドラクエ風ストーリーが展開されるような。そんな映画です。

世界観は洗練されているけど斬新なものではありませんし、ストーリーも王道的な物です。しかし、洗練され、見慣れた世界とストーリーがあるおかげで、3Dと音の臨場感で、映画の中に気持ちよく入り込むことができます。

たぶん、世界観やストーリーが気になってしまうような映画では、3D映像の楽しみが薄れてしまうと思います。アバターは、3D映像を見せるための映画なので、意図的にそのような世界観とストーリーを持ってきたのだと思います。

アバターは、3D映像を広める映画として大成功の作品だと思います。しかも、映画館に行かないと簡単に味わえない3D映像と音の臨場感なので、テレビの前から映画館へお客さんを呼び戻す力を持った映画としても、成功しているように思います。

アバターを探す→Amazon.co.jp

-未分類

執筆者:


  1. pacopaco より:

    コメントができるようになったようで、おめでとうございます。
    アバターをご覧になられたそうで。
    私自信は映画館に行く時間の確保が困難ですが、友人が見てきた話を聞くと、同じような意見でした。

    この監督の作品で、アバターと言い、タイタニックと言い、対純なストーリーで、映像を見せる映画が、アメリカで興行収入1位、2位と言う現状は、子供でも判る「判り易さ」が求められているのでしょうか?
    小難しい作品よりも、「単純でも、泣ける」というのが良いのかも知れませんね。

  2. 吉澤 尚志 より:

    ▽pacopacoさんへ
    ありがとうございます。
    大人でも子供でも、幅広い層に楽しんでもらうためには、やはり判りやすさは大切かもしれませんね。
    私が好きなのは、たぶん、判りにくいものが多いと思うので、好きな映画でもお薦めするときには相手を選ぶようにしています(^^;

  3. […] 何年も映画館から足が遠のいていたのですが、アバター3Dをきっかけに映画館の楽しさを再認識しました。その後、ゴールデンスランバーに魅了され、3回も観に行ってきました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベルナール・ビュフェのポーチ

カバンの中にひとつのポーチを入れています。 そのポーチには、ポケットティッシュやお守り、VICTORINOXのマルチツールカードが入っており、体調がすぐれないときには、薬を入れておくこともあります。 …

no image

無印良品 デジタル電波時計の写真付きレビュー

無印良品 デジタル電波時計の写真

いままで、コンセントから電源をとる置き時計を使っていました。そのため、計画停電があるたびに、時刻がリセットされていました。

計画停電のたびに時刻を合わせるのが面倒なため、ソーラーパネル電源の、無印良品の置き時計を買う事にしました。

no image

愛着あるモノをながく使いたい

pocketbookさんのスクリーンショット

モノを大切に使うというのはいい事だと思います。エコとかもったいないとか、そういった道徳心とは関係なく、愛着のあるものをながく大切に使えるのは、楽しい事だと思います。pocketbookの「モノを大切に使うのが難しい昨今」という記事を読んでいて、強くそう思いました。

ドライブ with TOYOTA 86

週末は、気の向くまま86とドライブに行ってきました。 「そろそろ、あのお気に入りの場所の銀杏並木が見頃かもしれない」とか、「あの道の先はどうなっているのだろう」など、ドライブ中に思いついた先へ行ってき …

日本製のハンドメイド・スニーカー SPINGLEはドライビングシューズにも良い

商品を購入するということは、その商品を造っている会社や国を応援するということでもあります。ですから、ブラック企業の商品や無法者国家の商品もできるだけ購入したくありません。 ブラック企業の商品や無法者国 …