Google ADS 自動サイズ

Art

映画『アバター』の感想

更新日:

アバターのスクリーンショット

3D映画『アバター』を観てきました。

アバターの雰囲気を端的に言うと、風邪の谷のナウシカと、エヴァンゲリオンと、攻殻機動隊と、スターウォーズを混ぜ合わせたような世界観の中で、ドラクエ風ストーリーが展開されるような。そんな映画です。

世界観は洗練されているけど斬新なものではありませんし、ストーリーも王道的な物です。しかし、洗練され、見慣れた世界とストーリーがあるおかげで、3Dと音の臨場感で、映画の中に気持ちよく入り込むことができます。

たぶん、世界観やストーリーが気になってしまうような映画では、3D映像の楽しみが薄れてしまうと思います。アバターは、3D映像を見せるための映画なので、意図的にそのような世界観とストーリーを持ってきたのだと思います。

アバターは、3D映像を広める映画として大成功の作品だと思います。しかも、映画館に行かないと簡単に味わえない3D映像と音の臨場感なので、テレビの前から映画館へお客さんを呼び戻す力を持った映画としても、成功しているように思います。

アバターを探す→Amazon.co.jp

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-Art

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.