本・雑誌

筆箱採集帳(著:ブング・ジャム)で、気になるあの人の筆箱を覗く。

投稿日:2010/02/16 更新日:

筆箱採集帳(著:ブング・ジャム)の写真

身なりのしっかりした彼が、どういうわけか、古ぼけたペンを使っている。「このペンはどうしたの?」と聞くと、「実はこのペンは、子供の頃に、ある団体に参加していて、そのときの記念品なんだ。」と、ペン1本から、今の彼からは想像できないキラキラした体験を聞くことができる。

思い出や思い入れのある、ペンや文具がたくさん入った、他人の筆箱を見てみたい。気になるあの人の私生活を覗きたい欲求にも似た思いで、他人の筆箱の中身を見ることができるのが、今回紹介する筆箱採集帳です。

ブングジャムの、高畑正幸さん、他故壁氏さん、きだてたくさんの共著です。

筆箱とその中身について、カラー写真と解説が掲載されています。59人もの筆箱が紹介されているのに、1つとして同じような筆箱がありません。筆箱を持つ人それぞれの個性が垣間見えて楽しいです。

私の好みはやはり、シンプルで上質な物。しかし、女の子らしい柄の筆箱や、学生さんらしい筆箱、建築家さんらしい筆箱など、自分がふだん見ることがない人たちの筆箱も、見ていて楽しいです。

筆箱1つから、その人の生き方が見えるなんていうと大げさかもしれないけれど、その人にとって、大切な出来事、楽しい出来事、悲しい出来事、いろいろな出来事の中で、寄り添うように使われているであろう、その筆箱とペンや文房具たちは、やはり、見ていて楽しいです。

中でも一番気になったのは、保育園園長さんの筆箱の中身。緑のチューブに黄色いキャップのヤマト糊が入っていて、この糊で子供たちに何か作っているんだろうかと想像すると、心が温かくなりました。

筆箱採集帳を探す→Amazon.co.jp

-本・雑誌

執筆者:

関連記事

趣味の文具箱 vol.15

趣味の文具箱 vol.15が、12月21日に発売されました。 私の手元には、本日、Amazon.co.jpで予約していたものが到着。さっそく読み始めました。 ページをめくるたびに、早く次のページを見た …

「2度書き」手帳術(著:さとうめぐみ)

『幸運を呼び込む「2度書き」手帳術(著:さとうめぐみ)』には、日々、心を満たす手帳の使い方が紹介されていました。 この本は、マニュスクリプト編集者様から頂きました。頂いた本や製品はできるだけ早くレビュ …

松浦弥太郎 日々の100

「日々の100」という本を、しばらく前から読んでいました。 暮しの手帖編集長であり、文筆家であり、書店店主でもある、松浦弥太郎さんが愛用されている100品について、本の中で語られています。 語られてい …

年収200万円からの貯金生活宣言(著:横山光昭)

家計に関する本をちゃんと読んでみようと思い、「年収200万円からの貯金生活宣言(著:横山光昭)」を手にとりました。 年収200万円といえば、マスコミで格差社会などと騒がれ始めた頃に出てきた年収の閾値( …

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか(著:美崎栄一郎)

『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか(著:美崎栄一郎)』を読み終わりました。 Amazonの書評で評価が高く、著者の美崎栄一郎さん(公式サイト)が各方面で活躍されているようなので、気になる一 …