Google ADS 自動サイズ

本・雑誌

体温を上げると健康になる(著:齋藤真嗣)

更新日:

体温を上げると健康になる(著:齋藤真嗣)の写真

しばらく前に、新型インフルエンザ対策のため、会社から毎朝の検温を指示されました。検温するようになり、私の体温が35度台ということを知りました。酷いときには、35.0度になったこともありました。

少し気になってインターネットで調べてみたところ、「低体温症」というものだそうで、放っておくとあまり良くないとのこと。

それ以来、低体温症に効果があると言われている、早寝早起きを心がけるようにしているのですが、矢野さんのブログで「体温を上げると健康になる」という本が紹介されていたので、読んでみることにしました。

目次

  • はじめに
  • 第1章 体温を上げると病気は治る
  • 第2章 これが「体温アップ健康法」だ
  • 第3章 ストレスが低体温人間をつくる
  • 第4章 低体温を防ぐ理想の生活習慣
  • おわりに

規則正しい生活で、美容と健康を促進

低体温を放っておくと体の免疫機能が低下し、様々な病気を招くことになるそうです。肌荒、便秘、胃潰瘍、ガン、認知症、アレルギー疾患など、軽いものから重いもの、美容に悪かったり慢性的に辛かったりするものまで、さまざまな病気を招くそうです。

健康な人の平熱は、36.5度〜37.1度ほどで、低体温の主な原因はストレスだそうです。体温を上げるには、筋肉を鍛えたり、早寝早起きしたり、毎朝散歩するなど、さまざまなことが必要だそうです。

本を読んで行くと、上記のようなことが丁寧でわかりやすい解説とともに、具体的な対策が書かれています。

まとめると、「規則正しい生活をすれば、美容と健康にいいですよ」ということのようです。

私は朝起き上がれないくらい怠いことがあるし、肌荒れもしやすくて嫌なので、この本を参考に、少しずつ生活習慣を改善していくことにしました。

体温を上げると健康になるを探す→Amazon.co.jp

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-本・雑誌

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.