本・雑誌

年収200万円からの貯金生活宣言(著:横山光昭)

投稿日:2010/03/14 更新日:

年収200万円からの貯金生活宣言(著:横山光昭)の写真

家計に関する本をちゃんと読んでみようと思い、「年収200万円からの貯金生活宣言(著:横山光昭)」を手にとりました。

年収200万円といえば、マスコミで格差社会などと騒がれ始めた頃に出てきた年収の閾値(いきち/しきいち)。「年収200万円前後は、生活できないんじゃないの?」という金額。

その金額で貯金できるなら、普通の賃金の人なら楽々貯金できるはず。そう思って、この本を選びました。

目次

  • 貯金力チェックテスト
  • はじめに
  • CHART.1 使わないお金を増やすことから始める収入アップ
  • CHART.2 あなたが貯金できない理由
  • CHART.3 明日から変われる!貯金体質トレーニング
  • CHART.4 90日プログラムで貯金力を10倍アップ
  • CHART.5 知らないと危険!お金の落とし穴
  • CHART.6 それでも貯められないあなたへ
  • あとがき

消費・浪費・投資に分けて支出を減らす

「年収200万円からの貯金生活宣言」で語られているのは、「支出を減らすことで、収入を増やす」ということです。収入そのものを短期間で増やすのは一般的に難しいことなので、支出を減らすことで、仮想的に収入を増やす方法について語られています。

読んでいた中で一番気になったのは、家計簿を蛍光マーカーで色付けする方法。以下のように色づけし、それぞれの量が適切かどうか感覚的にわかりやすくする方法です。

  • 消費:黄
  • 浪費:赤
  • 投資:青

家計簿をつける習慣がないので、今までつけていませんでしたが、これをきっかけに、家計簿をつけるようにしていきたいです。

使うお金によって、自分が作られる

食べ物によって体ができあがっていくように、使うお金によっても、あなた自身は作りあげられていくのです。(P.111)

お金を使って何かをするわけですから、確かに、使うお金によって自分自身が作りあげられていきますね。そう考えると、私は私が成りたい者に成るために、お金を使っているだろうかと、改めて考えさせられました。

まとめ

支出を減らすと良いのは、わかっていても難しいのですが、減らす技術や断捨離を初めてから、お金の使い方が変わり、浪費が減り、貯金に関する本も読んでみようという気持ちになりました。

そのため、まずは減らす技術や断捨離を読んで、物事や持ち物を減らしてから、この本を読むことをおすすめします。

物事や持ち物をムダに持っていることと、ムダ遣いすることの間には、何か関係があるような気がします。

年収200万円からの貯金宣言を探す→Amazon.co.jp

減らす技術を探す→Amazon.co.jp

断捨離を探す→Amazon.co.jp

-本・雑誌

執筆者:

関連記事

書いて稼ぐ技術 (著:永江朗)

あなたの文章を、是非、買わせて欲しい。 そう言われるような文章を書けるようになりたいと思いつつ、本屋さんに立ち寄ったところ、「書いて稼ぐ技術」というタイトルが目にとまりました。 目次 Part1. 書 …

この文房具が超スゴイっ!&こだわり手帳を徹底チェック:特選街 2011年12月号

特選街 2012年12月号は、文房具特集と、手帳特集の2本立てです。 目次 この文房具が超スゴイっ! こだわり手帳を徹底チェック この文房具が超スゴイっ! 文房具特集には、「書く」「ハンコを押す」「メ …

an・an 「はじめての断捨離」特集のレビュー

an・an 2010年9月29日発売号は、約40ページに渡って「はじめての断捨離」特集。 私の部屋も、断捨離のおかげでスッキリ快適になっているので、おさらいも含めて読みました。今回は、読んだ記事の中か …

読書は車の中で

最近、ソフトウェア開発の仕事をする際に、今の数倍のスピードで美しいプログラムを書くにはどうすれば良いだろうかと考えることが増えてきたので、ひさしぶりに技術書を購入しました。 リーダブルコード(Amaz …

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか(著:美崎栄一郎)

『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか(著:美崎栄一郎)』を読み終わりました。 Amazonの書評で評価が高く、著者の美崎栄一郎さん(公式サイト)が各方面で活躍されているようなので、気になる一 …