本・雑誌

小室淑恵の超実践プレゼン講座 (著・編集:日経ビジネスアソシエ、監修:小室淑恵)

投稿日:2010/03/21 更新日:

小室淑恵の超実践プレゼン講座 (著・編集:日経ビジネスアソシエ、監修:小室淑恵)の写真

仕事でプレゼンをする機会はほとんど無いのですが、資料作成することは多々あり、面白くてわかりやすい資料を求められることもあります。

そこで、わかりやすくて面白い資料を作る参考になればと思い、「小室淑恵の超実践プレゼン講座 (著・編集:日経ビジネスアソシエ、監修:小室淑恵)」を読んでみました。

目次

  • 本誌の使い方
  • 巻頭対談
  • 基礎編 STEP1 プレゼンの基本を理解する
  • 基礎編 STEP2 プレゼン資料を作成する
  • 実践編 STEP1 プレゼンに挑戦する
  • 実践編 STEP2 プレゼンの奥義を極める
  • ケース編
  • 劇的ビフォーアフター
  • 番外編

基本と実践とDVD

「小室淑恵の超実践プレゼン講座」は、大きく分けて「基本」と「実践」で構成されています。

また、本ではわかりにくい、声の使い方や身振り手振りについても、DVDで小室淑恵さんが解説されています。

資料作りの準備「問題と提案と解決」

資料を作り始める前に、まずは、「相手が抱えている問題」と「自分の提案」「相手が抱えている問題が解決したらどうなるか」を、具体的に書き出すところから始めるそうです。

問題と提案と解決を明確にすることで、相手に説明するための情報に、どんなものが必要なのか明確にすることができるようです。

資料構成の基本「起承転結」

準備で用意した、問題と提案と解決を、起承転結の流れで説明するための資料を作成するそうです。

よくある構成ですが、やはり、基本が大切。資料作りの準備で作成した、問題と提案と解決を素にすることで、一本芯の通った資料を作ることができそうです。

まとめ

ブログ記事を書いていてもそうなのですが、強烈に何か伝えたいことがあると、多少文体や構成がおかしくても、良い記事が書けるような気がします。

つまり、資料作りの準備で行なった「問題と提案と解決」を明確にする作業がとても大切で、それからあとは、あまり問題ではないような気がします。

もちろん、プレゼンの仕方がうまいことは大切ですが、「下手なプレゼンなのに、面白かった」とか「上手なプレゼンなのに、つまらなかった」ということがあるのは、一本芯が通っているかどうかの違いのような気がします。

資料作りの準備と、基本をしっかり学べ、DVDで実際に話しているところも見られるこの本は、プレゼンの基礎をしっかり学べる良い本だと思います。

小室淑恵の超実践プレゼン講座を探す→Amazon.co.jp

-本・雑誌

執筆者:

関連記事

グレイトブランド物語「能率手帳」 モノ・マガジン 1-2.16 合併号

モノ・マガジン 1-2.16合併号に、グレイトブランド物語「能率手帳」(142〜148ページ)が掲載されていました。 発行60周年を迎える能率手帳の歴史や、野口晴巳 日本能率協会マネジメントセンター代 …

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)は、おそらく、日本で始めてのMOLESKINE専門書。 MOLESKINEの歴史や使い方、カスタマイズの仕方、相性の良い文房具などを紹介してお …

超訳 ニーチェの言葉(著:白取 春彦)

ニーチェの名前は、中学生や高校生になる頃には知っていたような気がします。はっきり、いつから知っていたのか思い出せませんが、いつの間にか知っていたような気がします。 しかし、名前を知っていたものの、ニー …

クラウド時代のハイブリッド手帳術(著:倉下忠憲)

R-styleの倉下忠憲さん(Twitter)が書かれた「クラウド時代のハイブリッド手帳術」には、アナログにもデジタルにも縛られない手帳術が紹介されています。デジタル推進でも、アナログ回帰でもなく、使 …

「しあわせのパン」をおすすめします。

「しあわせのパン」は、矢野顕子さんと、忌野清志郎さんが歌う「ひとつだけ」からインスパイアされ、三島有紀子監督が脚本を書き下ろした、映画と小説です。小説には、物語りの中にでてくる「月とマーニ」という絵本 …