文具レビュー 本・雑誌

趣味の文具箱 vol.16 – 旅文具

投稿日:2010/03/22 更新日:

趣味の文具箱 vol.16の写真

趣味の文具箱 vol.16は、旅文具特集。「幸福の万年筆物語」という新連載も始まっています。今回は、アナウンサー・宮本隆治さんへのインタビューです。

目次の概要

以下、目次の概要です。実際の目次はさらに細かいため、すべて記載するのが難しいため、目次の中からいくつかピックアップしました。

  • 今時の文具箱
  • 加藤清さんと10本のペン
  • 新連載「幸福の万年筆物語」 アナウンサー・宮本隆治さん
  • 特集 お気に入りのステーショナリーと出かけよう 旅文具
  • 未来ある若者に万年筆を贈る
  • 古典ブルーブラックインク研究
  • 注目の新製品
  • 続 万年筆の達人
  • 文具箱のひろば
  • 編集部の自腹インプレッション

加藤清さんと10本のペン

2010年01月23日にご逝去された、カトウセイサクショカンパニーの加藤清さんについての記事がありました。

1ページほどを使った記事の文章は、趣味の文具箱 編集部 滝川景伍さんの10本のペンと、その中の1本のペンを、加藤清さんに修理をお願いしたときのエピソードが書かれています。

加藤清さんの職人らしさを感じるそのエピソードは、職人と客の良い関係を感じられました。

幸福の万年筆物語 アナウンサー・宮本隆治さん

アナウンサー・宮本隆治さんは、万年筆を183本もコレクションされているそうです。その中から、とくに思い入れのある万年筆について語られていました。

また、宮本隆治さんが使われている手帳の写真も掲載されており、万年筆を使って仕事をするシーンが想像できて楽しかったです。

旅文具 ほしのゆみさん

ちゃんねるDaysのほしのゆみさんが、「貼るだけ旅日記・旅先文具買い記」という記事を寄稿されていました。

今号のメイン特集は「旅文具」なわけですが、そのなかの一部、3ページに渡りまして記事を書かせて頂きました。以前からブログを読んで頂いている方々には、なんとなく見覚えのあるあれこれの写真が散りばめられているかと思います。ちゃんねるDays

趣味の文具箱 vol.16の写真

特にトラベラーズノートは、その使い方とともに、とても心惹かれ、私も旅に出るときはトラベラーズノートを使おうと思いを巡らせ、悦に浸っています。

ペンが欲しい・旅に出たい・家具も欲しい

趣味の文具箱 vol.16を見ていたら、以前欲しかったけど我慢したペンやノートが魅力的な写真や利用例とともに掲載されていて、我慢の糸が、ぷっつりと切れてしまいそうです。

また、表紙の写真にも使われている、富士屋ホテルの家具の色合いが素敵で、うちの家具も落ち着いた色合いの、木目を活かしたもので揃えたい気持ちになりました。

今回の趣味の文具箱は、紹介されている文具が欲しくなるだけでなく、旅に出かけたくなったり、家具が欲しくなったり、いろんな欲望を目覚めさせてくれる素敵な一冊でした。

趣味の文具箱 vol.16を探す→楽天市場Amazon.co.jp

-文具レビュー, 本・雑誌
-

執筆者:


  1. […] 「STATIONERY magazine No.006」を書店で見かけ購入。「趣味の文具箱 vol.16」で予告されていたのをすっかり忘れており、バックナンバーが販売されているのかと思い購入をためらってしまった […]

  2. […] このバッグは、『趣味の文具箱 vol.16』にも登場した、ほしのゆみさんのブログ『ちゃんねるDays』で紹介されていて、ずっと欲しいと思っていたバッグだった。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

手帳の掟 モノ・マガジン2012年11月16日号

モノ・マガジン 2012年11月16日号の写真

モノ・マガジン 2012年11月16日号の特集は「手帳の掟」。40ページ近くある読み応えのある特集記事です。

no image

クロワッサン 断捨離特集のレビュー

クロワッサン 2010年 10/10号 断捨離特集の写真

雑誌 クロワッサン 2010年 10/10号は、断捨離特集。断捨離好きな私は、手に取らずにいられませんでした。

目次と、特に気になった記事を紹介します。

no image

元総理の使う文房具が興味深い、文房具の極

P9151642.jpg

最強、極、逸品といった安っぽい言葉が前面に押し出され、文具とは関係なさそうな流行のタレントを起用した表紙に、流行ものを羅列しただけの私が苦手な本かもしれないと思いつつ、たまには流行にながされてみるのも必要だろうという思いから、「文房具の極」を読むことにしました。

読み始めて2〜3ページ、「あぁ、やっぱり、新商品や流行ものを羅列しただけか」と確信を得て読み進めたところ、書斎でペンを片手に書類に目を通している麻生太郎 元総理の写真が見開きで出てきました。

わたしのウチには、なんにもない。2 (著:ゆるりまい)

物を減らすといっても、どこまでやれば自分の気が済むのだろうと迷い始め、捨てるスピードが低下していたときに「なんにもないぶろぐ」に出会いました。 ブログで見た著者の部屋の写真は、引っ越し前の部屋のように …

no image

MOLESKINE 鉛筆 + シャープナーの写真付きレビュー

MOLESKINE Writing Collection 鉛筆2本セット + シャープナーの写真

「MOLESKINE Writing Collection 鉛筆2本セット + シャープナー」は、スケッチブックに絵を描きたくなる鉛筆です。