未分類

映画『第9地区』を観てきました!

投稿日:2010/05/04 更新日:

第9地区のスクリーンショット

第9地区を探す→楽天市場Amazon.co.jp

映画『第9地区』を観てきた。近所の映画館では上映していなかったが、休み中に東京の友達と遊びに行くことになっていたので、「第9地区を観たい」とお願いして映画館へ連れて行ってもらった。

「え?もう終わりの時間?」というほど、上映時間が短く感じられ、気分が高揚するような感覚を味わうことができた。

この高揚感、どこかで味わったことがあると思い考えてみたところ、PS3のゲーム『Fallout3』の世界によく似ていた。砂埃が舞いゴミの山の中に生きるスラム、登場人物たちのキャラクター性、それらが『Fallout3』の世界に似ていた。

そのうえ『第9地区』は、登場人物の目線や同行しているカメラマンの視点での映像が多用されており、FPS(First Person Shooting:主人公の視点でゲーム内を移動するゲーム)の視点にもよく似ている。

最近思うのだが、映画とゲームの映像表現の壁が無くなりつつあるような気がする。そのため、『第9地区』のような映画では、ゲームをプレイした後の高揚感と、映画を観たときの高揚感が一致するのかもしれない。

さて、『第9地区』のテーマは、かつてあった黒人差別を元にしているそうで、映画を見終わったあと、他の観客が「これって、黒人差別の映画だよね。」と言っていたのが聞こえて、確かにその通りだと感じた。

帰宅後ネットで少し調べてみたところ、南アフリカに実在していた第6地区問題を風刺した作品とのこと。第6地区問題自体、私はあまり知らないのだが、かつて、アメリカやキリスト教徒がネイティブアメリカンやアボリージニにしていた差別問題がちょうど当てはまるように思えた。

人間が人間にしていた差別を、エイリアンにしたとしても何の違和感もないし、エイリアンは人間じゃないから、罪悪感を感じにくいかもしれない。

この映画の一番良いところは、登場人物やエイリアン、みんなが、それぞれの欲望に忠実で、きれい事やいい人が登場するシーンが少ないということ。

きれい事とかいい人とか、確かに感動できるんだけど、生物としての人間らしさを感じるのは、やはり、欲望に忠実な瞬間。だから、『第9地区』は、人間味溢れる良い映画になっていたと思う。

第9地区を探す→楽天市場Amazon.co.jp

-未分類

執筆者:


  1. 『第9地区』お薦め映画

    独創的なストーリーと、リアリティのある映像。ワクワクする展開でアクションシーンも見ごたえあり。風刺は利いているが笑いに嫌みがないスマートな社会派SFドラマ。

関連記事

仕事が好きには2種類ある

「あの人仕事を頑張ってるな。でも、なにか違和感があるな」と思ったことがありました。その違和感についてお話ししようと思います。 仕事を頑張る原動力のひとつに「仕事が好き」ということがあります。その、「仕 …

実用的で部屋のインテリアに溶け込む、無印良品 LED懐中電灯の写真付きレビュー

3.11の東日本大震災の翌日、懐中電灯を買いました。購入したのは、無印良品のLEDポリカーボネート懐中電灯・小です。購入した時には、まさか懐中電灯が品不足になるとは思っていませんでした。「自宅に懐中電 …

アジャイルと創造性

私の職業は、IT技術者。ということで、自分の仕事を忘れないために、たまにはIT技術関係の話題を取り上げてみようと思う。 この数年、アジャイル開発手法が日本でも広まりつつある。私がアジャイル開発手法に出 …

御殿場高原 時之栖 イルミネーション 2012-2013

2012/11/9/〜2013/3/10にかけて、御殿場高原 時之栖(ときのすみか)で毎年恒例のイルミネーションが開催されています。 今年のテーマは、青森の「ねぷた」です。静岡に住んでいると、なかなか …

鯔背家の四季箸置きセット

静岡県三島市にある三嶋大社の門前に「大社の杜 みしま 」という裏路地ができました。裏路地には小さなショップやレストランが入っており、今も拡張を続けています。 先日、大社の杜に行く機会があり、鯔背家さん …