未分類

REGAL  774R NAVYの写真付きレビュー

投稿日:2010/05/09 更新日:

REGAL 774R NAVYの写真

REGAL 774Rを探す→楽天市場

GWに入って少し時間ができたので、ひさしぶりに街に出かけた。目的はスニーカー。春になると欲しくなるアイテムのひとつ。

デニムに似合うスニーカーを探し求め、数件の店を回った。ニューバランスかコンバースのスニーカーにしようと思い探し求めたが、好みの配色や形がなかった。

ほとんど購入をあきらめながら、REGALに入った。店頭のよく目立つところに、このスニーカーはあった。店員さんの話しでは、「最近入ったばかりの新作なんですよ。」とのこと。どうりで、REGALのサイトには掲載されていなかったわけだ。手ごろな価格、色も形も理想通り。しかも、REGALの品質の良さは体験済み。

REGAL 774R NAVYを試着し鏡に映った自分の立ち姿を確認。店員さんもサイズを確かめてくれ、何の迷いもなく購入決定。いつも、心から気に入るモノとの出会いは、こうして、あっけなく訪れる。

REGAL 774R NAVYの写真

スエード生地とナイロン生地の組み合わせに、白と黄色のライン。派手ではないが、スニーカーの印象が強いので、デニムやシャツも、それなりのモノが必要。ブーツくらい存在感がなければ着こなせないような服でも、このスニーカーは補ってくれる。

REGAL 774R NAVYの写真REGAL 774R NAVYの写真

踵部分は少し高く、堅め。最初は痛かったが、次第になじんできた。REGALの靴はたいていそうなのだが、最初は痛く、徐々になじんで気持ちよく履けるようになる。

REGAL 774R NAVYの写真

こんなに気に入ったスニーカーは初めてだ。REGAL 774R NAVYとは、長く付き合っていきたい。

しかし、スニーカーは革靴と違い、直しながら履いていくことはできない。必然的に短い付き合いになってしまうが、そのぶん、大切に履いていきたい。

REGAL 774Rを探す→楽天市場

-未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

on-doc. in 静岡県ヴァンジ彫刻庭園美術館

クレマチスの丘のクリスマス2012のスクリーンショット

静岡県東部のクレマチスの丘にある「ヴァンジ彫刻庭園美術館」は、私が好きな美術館です。ときどきイベントが開催されることもあるため、クレマチスの丘のFacebookページをチェックしています。

その、ヴァンジ彫刻庭園美術館で、原田知世さんと伊藤ゴローさんによる「on-doc.(オンドク)」という、朗読と音楽のライブが開催されることを知り、すぐにチケットを予約しました。

no image

PlusDiary.comの「声」は?

ブログの根底を流れるひとつの「声」のスクリーンショット

ライフハックブログ賞を開催されているLifehacking.jpさんに、『ブログの根底を流れるひとつの「声」』という記事が掲載されました。

この2月で Lifehacking.jp は3周年になるのですが、これはしつこいまでに一つのことばかりを繰り返しやっているブログです。すなわち、「自分を変える小さな習慣」をテーマとして、そのまわりに 1) 欧米の新しい記事の紹介、2) 新しいツールやサービスの紹介、3) 考え方や発見の紹介、しか行いません。 ブログの根底を流れるひとつの「声」 | Lifehacking.jp

no image

2009年に観た、映画&映像作品 103本

tokyo.soraと東のエデンの写真

2009年も、たくさんの映画や映像作品に出会いました。iPhoneのカレンダーに入力した映画や映像作品をリストアップしてみたところ、100件以上ありました。

そのなかでも、今年、特に気に入ったのが、tokyo.soraと東のエデン。この2つは、これからも繰り返し観る映像作品になると思います。

no image

アジャイルと創造性

Apple キーボード

私の職業は、IT技術者。ということで、自分の仕事を忘れないために、たまにはIT技術関係の話題を取り上げてみようと思う。

この数年、アジャイル開発手法が日本でも広まりつつある。私がアジャイル開発手法に出会ったのは、Kent BeckがeXtreme Programmingを広め始め、日本でようやく書籍が出始めたころだった。その頃、アジャイルの面白さを説明をしたところ、鼻で笑われ悲しい思いをした記憶がある。

何歳からならミニマリストになっていいの?について。

ブログ「まだモノなんか捨ててるの?」で、「何歳からならミニマリストになっていいの?」という疑問が投げかけられていたので少し考えてみました。 まず、年齢について考えるために、以下の例が掲載されていました …