本・雑誌

電子書籍の衝撃(著:佐々木俊尚)

投稿日:2010/06/10 更新日:

電子書籍の衝撃(著:佐々木俊尚)

電子書籍の衝撃を探す→Amazon.co.jp

「電子書籍の衝撃(著:佐々木俊尚)」は、出版関係者だけでなく、IT技術者も絶対に読んでおくべき1冊。

電子書籍の衝撃を通して、「記号消費とマスメディアの崩壊」「出版物流通制度によるマス向け書籍の氾濫」「コンテンツからコンテキストへの変化」などを押さえ、紙の出版物に記された情報の流通が、電子書籍によってどのように変化し、社会や文化にどのような影響を与えるのか考え、自分なりの考えを持つ必要がある。

紙の本の電子書籍化は、15世紀から続いた活版印刷による「情報流通の仕組み」が、IT技術によって大変革をもたらすものと言える。IT技術者とは、情報処理技術者であり、情報を処理する技術を扱うのが仕事。つまり、「情報流通の仕組み」がガラリと変わることは、IT技術者にとっても他人事ではない。

社会や文化への影響について、自分なりの考えを持ち、一本芯を通しておかなければ、もうすぐ訪れる電子書籍の大波に簡単に飲み込まれ自分を見失ってしまうのではないだろうか。

電子書籍の衝撃(著:佐々木俊尚)

電子書籍の衝撃は、紙の書籍の他に、iPhoneでも読むことができる。私はiPhoneで、隙間時間に少しずつ読み進めた。本を読むにはiPhoneの画面は小さすぎると思われるかたも居ると思うが、意外なほどすぐに慣れる。図が多い書籍では難しいかもしれないが、電子書籍の衝撃は、ほとんど文字で解説されているので、iPhoneでも読みやすかった。

iPhoneで読むには、D21 Book Viewerを利用する必要がある。

電子書籍の衝撃を探す→Amazon.co.jp

-本・雑誌
-

執筆者:


  1. […] This post was mentioned on Twitter by 書記ちゃん, 吉澤尚志. 吉澤尚志 said: ブログに記事を追加しました。>電子書籍の衝撃(著:佐々木俊尚) http://bit.ly/cMYQtT […]

関連記事

情報は「整理」しないで捨てなさい(著:奥野宣之)

日々の生活で、テレビや雑誌、インターネットなどからたくさんの情報に触れる機会があります。それら情報のうち、どの情報をメモすれば良いのかわからず、上手にメモすることができないことが多々あります。 『情報 …

趣味の文具箱 vol.23

趣味の文具箱 vol.23が発売されました。毎回物欲を刺激され、あれこれ思い悩むのですが、読まずにいられません。 目次 全部書ききると、趣味の文具箱 vol.23の紹介記事より、目次の方が多くなりそう …

トヨタ流に感じた違和感

リーマンショックでトヨタが打撃を受けたときに、「トヨタ流の考え方は良いものであり、使い方が間違っていたのだ」と、トヨタ関係者がテレビでコメントされていたのを観ました。 そのとき、大きな違和感を覚えまし …

大人の文房具 vol.02

大人の文房具 vol.02 → Amazon.co.jp 目次 巻頭インタビュー 安藤忠雄 作家の手紙 文字で伝える 色で伝える 器で伝える 国別で選んでみる私の会いよう万年筆 百花繚乱・万年筆 カラ …

残業0の手帳術 – DIME 2011年10月18日号

DIME 2011年10月18日号は「残業0の手帳術」です。官僚の手帳術や、手帳メーカー開発者が語るこれからの手帳のあり方などが掲載されており、手帳ユーザーとしてだけでなく、手帳ブログ管理者としても、 …