本・雑誌

カタチのいい文具 – REALDESIGN 2010年10月号

投稿日:

カタチのいい文具 - REALDESIGN 2010年10月号の写真

どんなに機能が優れていても、美しくないものを使うのは嫌。

REALDESIGN 2010年10月号は、カタチのいい文具特集。美しいものが好きな人なら、きっと気になるはず。

店頭で平積みにされていたこの本を、手に取らずにはいられなかった。

目次

「カタチのいい文具」特集記事の目次

  • こんなLAMYご存知でしたか?
  • デザインが生みだす、使いやすさと新しいカタチ
  • 文具は機能美で選ぶ
  • 明日手に入るデザイン文具
  • 文具がつなぐ人とデザイン
  • センスに差がつくペンケース・コーディネート

美しいペンの数々

「こんなLAMYご存知でしたか?」や「文具は機能美で選ぶ」の中で、多数のペンが紹介されている。

どのペンもカタチが良く、記事を眺めていると、あれもこれも、手を出してしまいそうになる。

センスのいいペンケースの数々

センスのいいペンケースは、ペンケースが美しいだけではダメだ。ペンケースと、ペンケースの中に入れるもののコーディネートが大切。

「センスに差がつくペンケース・コーディネート」では、ペンケースのコーディネート例が、写真付きで掲載されている。

写真を眺めていると、自分のペンケースをコーディネートしなおしたくなる。

まとめ

カタチのいい文具特集は、文具カタログのような記事構成になっている。

手元にある文具たちのコーディネートを考えたり、追加購入するものを考えたり、そんなひと時が楽しめるカタログだ。

REALDESIGN 2010年10月号を探す→Amazon.co.jp

-本・雑誌
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

パーソナル・マーケティング(著:本田直之)で、必要とされる人になる

パーソナル・マーケティング(著:本田直之)の写真

小さくまとまっている自分に嫌気がさすことがあります。

その嫌気をどうにか解消しようと思い、ブログで記事を書いたり、Twitterでつぶやいたりすることで、たくさんの人たちとコミュニケーションをとっていますが、コミュニケーションをとればとるほど、生身の人間との関わりを、もっと多く持ちたい気持ちが一層強くなっていきます。

小さくまとまらず、生身の人間との関わりを多く持つには、どうしたら良いのか?その方法がわかりません。

残業0の手帳術 – DIME 2011年10月18日号

DIME 2011年10月18日号は「残業0の手帳術」です。官僚の手帳術や、手帳メーカー開発者が語るこれからの手帳のあり方などが掲載されており、手帳ユーザーとしてだけでなく、手帳ブログ管理者としても、 …

no image

社会学を学ぶ(著:内田隆三)

社会学を学ぶ(著:内田隆三)の写真

以前、爆笑問題のニッポンの教養で取り上げられていた社会心理学が面白く、社会とは何かということについて、もっと考えたいという思いから、「社会学を学ぶ(著:内田隆三)」を読んでみました。

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)は、おそらく、日本で始めてのMOLESKINE専門書。 MOLESKINEの歴史や使い方、カスタマイズの仕方、相性の良い文房具などを紹介してお …

no image

吉田カバン PORTER 2010 AUTUMN/WINTER PERFECT BOOK

smart特別編集 PORTER 2010 AUTUMNWINTER PERFECT BOOK (e-MOOK) [大型本]の写真

最近、旅行をすることが多くなり、旅行鞄を欲しいと思うようになりました。コンビニで「PORTER トラベルクロック」が付録になったこの本を見つけ、小旅行を演出してくれるバッグを探すことにしました。