本・雑誌

ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011(ほぼ日刊イトイ新聞編著)

投稿日:2010/08/22 更新日:

ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011の写真

毎年恒例の行事になりつつある、「ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011」が出版された。

ほぼ日手帳ファンなら、手に取らずにはいられないガイドブックだ。

目次

  • 思いっきり楽しんでください。
  • たのしさがあるから、自由に使える手帳 – 23の自由で勝手な使いかた
  • ほぼ日手帳 2011 – ほぼ全仕様を徹底解剖
  • カバーラインナップ一挙紹介
  • ほぼ日手帳Weeks(仮称)登場。
  • ほぼ日手帳 2011 – さらに自由なコラボレーション
  • ほぼ日手帳 2011 – 仕様徹底解説
  • TOOLS & TOYS
  • ほぼ日手帳CLUBへようこそ!
  • <ほぼ日手帳>のご購入についてのお知らせ。
  • <ほぼ日手帳>10年のあゆみ。
  • 特別付録マンガ ほぼ日手帳の10年 今日マチ子

23の自由で勝手な使い方

ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011の写真

「どうすれば使いこなせますか?」という言葉。私はあまり好きではない。楽しんで使っているうちに、「使いこなしていてすごいですね。」と、自然に言われるものだと思う。

ほぼ日手帳公式ガイドブックには、今年も、ほぼ日手帳の楽しそうな写真がたくさん載っている。

まねしたくなる写真、まねできない写真、色々あるけど、とにかく楽しそう。楽しそうなほぼ日手帳の写真を見ていると、自分のほぼ日手帳も楽しそうに見えてくる。

特別付録マンガ ほぼ日手帳の10年 今日マチ子

ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011の写真

以前紹介した、今日マチ子さんのマンガ。最近、王様のブランチでインタビューされていたので、知っている方も多いはず。私は、GR DIGITAL関連で、今日マチ子さんのことを知り、ブログを拝見し、描かれている絵に惹き付けられ、それ以来ファンになった。

その、今日マチ子さんのマンガが、ほぼ日手帳公式ガイドブック2011で見られて、非常に嬉しい。

まとめ

「ほぼ日手帳公式ガイドブック2011」は、ほぼ日手帳ファンの皆さんには、とりあえず手にして目を通して欲しい本。見ているだけで、楽しく元気になれる。

「ほぼ日手帳ってどんな手帳?」と思っている皆さんには、この本で、ほぼ日手帳の楽しさが伝わると思う。

機能とか便利さは説明するのが簡単だし、わかりやすいけど、楽しさを伝えるのは難しい。「ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011」は、その楽しさが伝わる本だと思う。

「ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011」を探す→Amazon.co.jp

-本・雑誌
-,

執筆者:

関連記事

父の詫び状 (著:向田邦子)

あれは、なんと言うタイトルの本なのか忘れてしまったのだけれど、ビジネス書ばかり読んでいると、表現力が弱くなる。だから、文学も読みなさいということが書かれていました。 それ依頼、ビジネス書や技術書ばかり …

エラくなる手帳 残念な人の手帳:PRESIDENT 2011年 10/31号

PRESIDENT 2011年10月31日号の特集記事は、「エラくなる手帳 残念な人の手帳」です。キリンビールやオリンパスなど、いわゆる大企業の経営者へのインタビューや手帳の写真、1日のスケジュールな …

決定版ノート術 日経ビジネスアソシエ 2010.03.02号

いきつけの書店に立ち寄ったところ、「ノート術」と大きく書かれた日経ビジネスAssocieが平積みにされていて、思わず手に取り、そのままレジへ。 日経ビジネスAssocie 2010.03.02号の「決 …

MOLESKINEをもっと使いたくなる「モレスキン 人生を入れる61の使い方」

モレ本2(モレスキン 人生を入れる61の使い方)の発売日が決まり、Amazon.co.jpで予約開始された頃、著者の1人である中牟田洋子さんから、献本させて頂きたいとの連絡をいただきました。MOLES …

LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵の表紙の写真

LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵(著:高城剛)

持ち物を減らして身軽に世界中を飛び回っている高城剛さんが、実際に利用されている物が紹介されている書籍、「LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵」がリリースされました。 前作LIF …