本・雑誌

これからの「正義」の話をしよう for iPhone

投稿日:2010/08/27 更新日:

『これからの「正義」の話をしよう』のスクリーンショット『これからの「正義」の話をしよう』のスクリーンショット

電子書籍『これからの「正義」の話をしよう』のiPhone版が発売された。著者の米ハーバード大学のマイケル・サンデル教授の人気授業が、NHKで放映されていたのでご存知の方も多いと思う。

この本は、倫理学の本だ。倫理学というと難しそうに感じるかもしれないが、「何が正義なのか?」を考える学問だと思ってもらえば、わかりやすいと思う。

「何が正義なのか?」について考える学問なので、異論や反論が噴出するし、感情的に受け入れられないことだってたくさんある。倫理学は、議論や感情が絡み合うため、非常に興奮する学問だ。

そんな興奮する学問について、書籍の中で実例とともに、わかりやすい言葉で説明されており、倫理学なんて知らない人でも楽しめると思う。

『これからの「正義」の話をしよう』のスクリーンショット『これからの「正義」の話をしよう』のスクリーンショット

iPhone版の『これからの「正義」の話をしよう』は、検索機能も備えている。

こういった本は、後日読み直したいところが必ず出てくるので、iPhoneでいつでも持ち歩けるうえに、検索機能で簡単に検索できるのも非常に嬉しい。

読んでいて、こんなにドキドキする書籍はひさしぶりだ。このところ寝不足で眠いはずなのに、数ページ読んだだけで目が冴えてきてしまった。時間を忘れて読みふけってしまいそうだ。

Apple Store→これからの「正義」の話をしよう – Voyager Japan,inc.
Amazon.co.jp→これからの「正義」の話をしよう

-本・雑誌
-

執筆者:

関連記事

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか(著:美崎栄一郎)

『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか(著:美崎栄一郎)』を読み終わりました。 Amazonの書評で評価が高く、著者の美崎栄一郎さん(公式サイト)が各方面で活躍されているようなので、気になる一 …

楽天 kobo を購入する理由と、購入しない理由

日本の電子書籍が急成長する可能性を秘めたkoboが、楽天から発売されました。 日本では、今までにもSONYやシャープ、富士通といったメーカーが電子書籍業界に参入していました。しかし、欧米での電子書籍の …

「うつ」とよりそう仕事術(著:酒井一太)の紹介

「うつとよりそう仕事術」は、うつ病で2回の休職を経験された著者が書き下ろした、仕事術の本です。本の内容は、病院のことから始まり、基本的な生活、仕事、うつとの付き合い方、うつ病の人との接し方まで、幅広く …

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)は、おそらく、日本で始めてのMOLESKINE専門書。 MOLESKINEの歴史や使い方、カスタマイズの仕方、相性の良い文房具などを紹介してお …

想像がふくらみ楽しくなる!ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2012

ほぼ日手帳 WEEKSの発売以降、はじめての、ほぼ日手帳 公式ガイドブックが発売されました。今回の見所は、ほぼ日手帳WEEKSユーザーへのインタビュー記事や、マンガ「よつばと!」の作者、あずまきよひこ …