手帳 本・雑誌

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)

投稿日:2010/09/23 更新日:

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)の写真

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)は、おそらく、日本で始めてのMOLESKINE専門書。

MOLESKINEの歴史や使い方、カスタマイズの仕方、相性の良い文房具などを紹介しており、MOLESKINEについて知りたければ、これ1冊あれば十分という内容になっている。

目次

  • はじめに
  • 第1章 なぜ、モレスキンノートが選ばれるのか
  • 第2章 モレスキンノートに人生を入れる
  • 第3章 モレスキンノート「3ステップ活用法」
  • 第4章 モレスキンノート「ビジネス活用術」
  • 第5章 モレスキンノート「生活活用術」
  • 第6章 モレスキンノート「DIYカスタマイズ術」
  • 第7章 モレスキンノートと相性のいい文房具
  • あとがき

この本を読んだ後に実感した効果

『モレスキン「伝説のノート』活用術』には、ページ番号、タグ付け、索引、GTD、Doingリスト、情報カードでのToDo管理など、色々な使い方が紹介されている。

それらの使い方のうち、いくつかは自分自身で実践していたし、いくつかを取り入れようと思ったが、それ以上に効果があったのは、「メモの量が増えた」こと。

この本を読んでから、メモの量が倍以上に増えた。

メモの量が増えたことにより、過去のメモを読み返したときに、役立つ情報が増えた。何故、メモの量が増えたかについて説明するのは難しいのだけれど、この本の影響だと思う。

ページ番号の付け方や、タグ付けの仕方、索引など、わかりやすい具体的なテクニックを知ることができただけでなく、それらのテクニックを通して、どのようなメモをとるべきか、メモに対する理解が深まったのだと思う。

この本は、MOLESKINEの活用術を知りたい人だけでなく、メモのとりかたを知りたい人にもお勧めしたい。

『モレスキン「伝説のノート」活用術』を探す→Amazon.co.jp

-手帳, 本・雑誌
-,

執筆者:


  1. […] モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子) […]

関連記事

no image

原作:風の谷のナウシカ7巻セット (著:宮崎駿)

原作:風の谷のナウシカ7巻セット (著:宮崎駿)の写真

映画「風の谷のナウシカ」は何度も見たことがありましたが、ナウシカのその後の世界も描かれているという、原作コミックス「風の谷のナウシカ」は見たことがありませんでした。

先日、テレビで映画「風の谷のナウシカ」が放送されているのを見て、子供の頃、ナウシカのように空を飛びたいと何度も思い、夢の中で何度も飛んでいたのを思い出し、映画のその後の世界を見てみたい思いに駆られ、Amazon.co.jpで7巻セットの、原作コミックス「風の谷のナウシカ」を見つけました。

MOLESKINE フォリオ プロフェッショナルの写真付きレビュー

ITmedia Biz.IDの『“とじていない”は初めて——MOLESKINEのバインダー、フォルダー、付せん』という記事を見かけて気になっていた、MOLESKINE フォリオ プロフェッショナルのバ …

ジブン手帳とIDEAノート活用術

ジブン手帳にセットされているIDEAノートを使うのが少し難しいと感じています。 いままでA6サイズの小さなノートを使ってきたため、IDEAノートは書き込む面積が広すぎて、どう書き始めようかと迷うことが …

no image

MonoMax 2010.08 – 特別付録 ダニエル&ボブのレザー メンテナンスキット

MonoMax 2010.08 - ブランドアイテム特別付録 ダニエル&ボブのレザー メンテナンスキットの写真

MonoMaxを探す→Amazon.co.jp

特別付録 ダニエル&ボブのレザーメンテナンスキットにつられて、MonoMaxを購入した。MonoMaxは初めての購入だと思う。

MonoMaxは、雑誌「smart」の大人版ということで、価格帯が少し高めのモノが紹介されている。雑誌「Begin」に色気を足したような雰囲気。

no image

「仕事ができる人」はノートに何を書いているのか? THE21 2010年03月号

「仕事ができる人」はノートに何を書いているのか? THE21 2010.03号の写真

THE21 2010年03月号に、『「仕事ができる人」はノートに何を書いているのか?』という記事が掲載されていました。前回の日経ビジネスアソシエに引き続き、ノート術の記事の紹介をします。