Google ADS 自動サイズ

手帳 本・雑誌

「2度書き」手帳術(著:さとうめぐみ)

更新日:

マンスリー&ウィークリーで幸運を呼び込む「2度書き」手帳術の写真

『幸運を呼び込む「2度書き」手帳術(著:さとうめぐみ)』には、日々、心を満たす手帳の使い方が紹介されていました。

この本は、マニュスクリプト編集者様から頂きました。頂いた本や製品はできるだけ早くレビューするようにしているのですが、じっくり読みたくなる内容だったので、数日かけて読ませて頂きました。

本の目次

  • はじめに
  • 逆引き手帳辞典
  • 1週目 書き方の基本をおさえよう
  • 2週目 手帳でライフスタイルを「整理整頓」してみよう
  • 3週目 「2度書き」手帳で、もっと毎日を充実させよう
  • 4週目 思い通りの未来をつくる手帳セラピーメソッド
  • おわりに
  • 手帳セラピーおすすめグッズ
  • 【特別収録】手帳セラピーワークシート

本の構成

1ヶ月かけて使い方を練習する方法が解説されているため、一度にたくさんのことを暗記する必要がありません。少しずつ練習することで、2度書き手帳術をマスターできるようになっています。

また、「逆引き手帳辞典」 を使うことで、困っていることの解決策を直接探すこともできます。

2度書き手帳術の特徴

手帳セラピーでは「小さな幸せ」を日々絶やさずに、心が満たされた状態を継続させることが大切と考えています。(P.70)

この本を読んでいて、特に心に残ったのが上記の文章です。多くの手帳術では、大きな成功を収める方法が解説されています。しかし、2度書き手帳術では、日々の小さな幸せを大切にする方法を解説されています。

具体的な方法としては、手帳のマンスリーページとウィークリーページを使い、予定を2度書きする方法や、5色のペンを使うことで、色が心理に与える影響を利用する方法などが掲載されています。

まとめ

毎日を楽しむ、ほぼ日手帳のコンセプトに共感している人は、2度書き手帳術にも共感できると思います。

手帳術の解説には、方法と理由が書かれています。理由の部分は理詰めになりがちですが、この本は、手帳術のコンセプトと同様、読者の心を大切にする文章のため、気持ちよく腑に落ちました。

大きな目標も大切だけど、しっかり足下を見て、毎日を楽しくするための手帳術を知りたい人に、ぴったりな本だと思います。

「2度書き」手帳術を探す→Amazon.co.jp楽天市場

★2度書き手帳術の著者、さとうめぐみさん監修の「シンクロニシティ手帳 2011」も販売されています。後日レビュー記事をアップします。

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-手帳, 本・雑誌
-,

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.