文具レビュー

登呂博物館オリジナル 測量野帳の写真付きレビュー

投稿日:2011/01/11 更新日:

登呂博物館オリジナル 測量野帳の写真

ずっと行きたいと思っていた、登呂遺跡に行ってきました。登呂遺跡は静岡県にある弥生時代の遺跡です。登呂遺跡にある、登呂博物館にはミュージアムショップが併設されており、黒曜石や小さな埴輪など、登呂遺跡に関するグッズが販売されていました。

そのグッズの中に、どういうわけか「測量野帳」がありました。しかも、登呂博物館オリジナルの測量野帳です。説明を読んだところ、「登呂遺跡の発掘作業で、測量野帳が使われていた」とのことでした。

登呂博物館オリジナル 測量野帳の写真 登呂博物館オリジナル 測量野帳の写真

販売されていた測量野帳は、「LEVEL BOOK」と「SKETCH BOOK」の2種類でした。中身は、測量野帳そのままなので、測量野帳を普段使っている人も気に入ると思います。

登呂博物館オリジナル 測量野帳の写真

普通の測量野帳と違うのは、奥付に「静岡市立登呂博物館」のスタンプが押されている事と、表紙に箔押しがある(記事の一番最初の写真を参照)ことです。

登呂遺跡の写真

登呂遺跡は、戦時中(1943年)の軍用工場建設時に発見され、戦後(1947年)に発掘作業が行なわれたそうです。現在、高床式倉庫と竪穴式住居などが新しく復元されており、さらに復元作業を続けられているそうです。

登呂博物館の写真 登呂博物館の写真

登呂博物館は、最近リニューアルオープンしているため、清潔感があって奇麗な建物でした。展示方法も格好良く、博物館にありがちな辛気くささやカビ臭さとは無縁な雰囲気でした。

興味深い展示品があり、入場料も安い(1F無料、2F 200円)ため、おすすめの博物館です。

登呂遺跡の写真

古くからある、竪穴住居と高床式倉庫の復元も保存されていました。子供の頃、社会科見学などで登呂遺跡を見学した人には、こちらの建物の方がなじみ深いかもしれません。

子供の頃は興味なかった建物も、改めて見てみると、とても面白かったです。

測量野帳を探す→Amazon.co.jp

-文具レビュー

執筆者:

関連記事

趣味の文具箱 vol.16 – 旅文具

趣味の文具箱 vol.16は、旅文具特集。「幸福の万年筆物語」という新連載も始まっています。今回は、アナウンサー・宮本隆治さんへのインタビューです。 目次の概要 以下、目次の概要です。実際の目次はさら …

私の筆箱の中身 2014.05.26

筆箱の中が雑然としている気がしたため、筆箱の中身を全部出して整理しました。整理して残ったのは、ペンケース自身を含めて10点でした。 ペンケース 真鍮の定規 MONTBLANC P114万年筆 MONT …

ほぼ日のメモ帳は、仕事で愛用しているノート

仕事では、ほぼ日のメモ帳を愛用しています。世の中には色々なノートがあるにもかかわらず、なぜ、ほぼ日のメモ帳を気に入っているのか考えてみました。大きく分けると、以下の4点が気に入っているところでした。 …

モレスキン ブックスタンドの写真付きレビュー

手帳やノートに本を書き写したり、PCに入力したりするときに、ブックスタンドが欲しくなることがあります。しかし、書見台は場所をとりそうだし、ちゃんとしたものは高そうというイメージから、なかなか購入する機 …

STATIONERY magazine No.006

STATIONERY magazine No.006を探す→楽天市場、Amazon.co.jp 「STATIONERY magazine No.006」を書店で見かけ購入。「趣味の文具箱 vol.16 …