未分類

スターバックス 2011年春 桜マグカップとタンブラー

投稿日:2011/02/27 更新日:

DSC00255.jpg

スターバックスの、桜マグカップと桜タンブラー 2011年春バージョンが登場しました。

1ヶ月ほど前にスターバックスに立ち寄ったときに、「桜の新製品が出ます」という広告を見つけて、「桜が大好きだから、絶対買いたい!」と思い、とても嬉しかったのをよく覚えています。

その後、新製品が発表され、実物を見たところ、女の子向けデザインだったので、ちょっと寂しかったです。

しかし、マグカップのデザインなら男が使っていても違和感なさそうだし、タンブラーの方も、小さいサイズなら、ぎりぎり大丈夫そうなデザインだったので、思い切って購入しました。

いま、桜マグカップで珈琲を啜りながら、この記事を書いています。

お気に入りのマグカップに、美味しい珈琲を入れて、窓を開けて空気の入れ替えをしながら、iMacを使って記事を書くのは、とても気持ちの良いひとときです。

スターバックスの珈琲を探す→Amazon.co.jp

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

PlusDiary.comの「声」は?

ブログの根底を流れるひとつの「声」のスクリーンショット

ライフハックブログ賞を開催されているLifehacking.jpさんに、『ブログの根底を流れるひとつの「声」』という記事が掲載されました。

この2月で Lifehacking.jp は3周年になるのですが、これはしつこいまでに一つのことばかりを繰り返しやっているブログです。すなわち、「自分を変える小さな習慣」をテーマとして、そのまわりに 1) 欧米の新しい記事の紹介、2) 新しいツールやサービスの紹介、3) 考え方や発見の紹介、しか行いません。 ブログの根底を流れるひとつの「声」 | Lifehacking.jp

no image

映画『借りぐらしのアリエッティ – スタジオジブリ』を観てきました!

借りぐらしのアリエッティ スクリーンショット

この夏たのしみにしていた映画、「借りぐらしのアリエッティ」を観てきた。企画・脚本は宮崎駿、監督は米林宏昌。米林宏昌監督、初の長編映画作品だ。

原作は、イギリスの小説「床下の小人たち(著:メアリー・ノートン)」。1952年に発表された児童文学で、カーネギー章を受賞している。

映画「借りぐらしのアリエッティ」の物語りは、病気療養のため、祖母の家に預けられることになった少年と、その家に住んでいる小人(アリエッティ)が遭遇するところから始まる。

no image

自分がお金を払う相手に挨拶することが大切

ビジネスホテルの朝食の写真

ビジネスホテルに泊まっている人たちは、それなりに仕事ができる人が多いと思います。しかし、朝食をとるためにロビーに行ったとき、食堂のおばちゃんが「おはようございます」と言ってくれているのに何も言わない人が結構居ます。

no image

私にできることが、私のBlog術。

R-style » 【企画】「あなたのBlog術教えてください!」企画第二回のスクリーンショット

@rashita2さんのR-styleで、「【企画】「あなたのBlog術教えてください!」企画第二回」が告知されていました。自分自身のBlogの書き方を振り返る良い機会なので、企画に参加させていただくことにしました。

ドライブ with TOYOTA 86 秋の富士山周辺

最近、面白い車がないなんて誰が言い始めたのだろう? TOYOTA 86で長時間ドライブできる週末は、楽しみ以外の何者でもありません。 先日、秋の富士山周辺をドライブしてきました。 途中、白糸ノ滝に寄り …