Google ADS 自動サイズ

手帳

お薬手帳の写真付きレビュー

更新日:

お薬手帳の写真

最近、ほんの少しだけ通院生活を送っていました。通院の中で薬を渡されたときに、「お薬手帳」なるものを一緒に渡されました。お薬手帳の実物を始めて見て、中身が面白そうだったので、ブログで紹介することにしました。

お薬手帳の構成

お薬手帳は、以下のような構成になっていました。

  • お薬手帳の概要
  • あなたの大切な情報
  • 薬局記入欄
    • 医療機関名・連絡先
    • 薬の処方履歴・メモ
  • 薬についての基本情報
  • 臨床検査欄

お薬手帳の概要

お薬手帳の写真

お薬手帳の概要には、「お薬手帳とは」「記入例・利用例」が記載されています。

あなたに処方されたお薬の名前や飲む量飲み方などを記録するための手帳です。あなたの身体に合わなかったお薬のことや、これまでかかった病気のことなども記録できます。(P.1 お薬手帳とは)

お薬手帳は、処方箋と一緒に毎回薬局へ提示して欲しいとの事でした。そのため、保険証と一緒に管理することにしました。

あなたの大切な情報

お薬手帳の写真

「あなたの大切な情報」には、薬剤師のかたが必要とされるであろう情報の記入欄がありました。記入項目は、以下のようなものがあります。

  • 氏名・生年月日など基本的な個人情報
  • 主な既往歴
  • 副作用 アレルギー歴
  • その他体質など

薬局記入欄

医療機関名・連絡先

お薬手帳の写真

医療機関名・連絡先は、利用した薬局でスタンプを押してくれました。スタンプには、薬局の名前や住所、電話番号、FAX番号が書かれていました。

薬の処方履歴・メモ

お薬手帳の写真 お薬手帳の写真

薬の処方履歴には、処方された薬の種類や量の一覧を、薬局が印刷して貼付けてくれました。

また、右ページ下に、「メモ(薬剤師や医師に聞きたい事など)」の記入欄があるため、薬を飲んでいて気になった事があったら、書きとめておき、薬を処方されるときに質問できるようになっていました。

薬についての基本情報

お薬手帳の写真 お薬手帳の写真

薬についての基本情報には、以下の項目が記載されていました。

  • お薬を飲み忘れた場合の対応のめやす
  • お薬の飲み方
  • お薬の副作用とは
  • お薬の相互作用とは

薬を飲むうえで、ほんの少し疑問に感じながら、とくに調べる事もしていなかったようなことが書かれていました(例えば、「とんぷく」って何だろう?とか)。

薬について疑問を感じたら、お薬手帳を開いてみると良さそうです。

臨床検査欄

お薬手帳の写真 お薬手帳の写真

臨床検査というのは、おそらく健康診断のようなものかと思われますが、詳しい事はわからないので、実際の使用方法は、医師や薬局に相談した方が良さそうです。

まとめ

お薬手帳の写真

ひさしぶりに病院に通ってみて、お薬手帳以外にも、いろいろな仕組みが改善されていることを実感しました。

しかし、診察中は居心地が悪かったです。怪我の後遺症が怖いため、痛みや違和感について、できるだけ多くの情報を出そうとしているのに、医者が考えている治療のストーリーからはずれると、医者から責められるような感じがしました。良い医者、悪い医者、色々居ると思いますが、過去に他の医者や看護士と話していても、同じような傾向を感じた事がありました。

そんなわけで、「お薬手帳」の他に、「医者が誤ったストーリーを組み立てないための、医者との会話のしかた手帳」が欲しいと思いました(^^;

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-手帳
-

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.