手帳

お薬手帳の写真付きレビュー

投稿日:2011/05/14 更新日:

お薬手帳の写真

最近、ほんの少しだけ通院生活を送っていました。通院の中で薬を渡されたときに、「お薬手帳」なるものを一緒に渡されました。お薬手帳の実物を始めて見て、中身が面白そうだったので、ブログで紹介することにしました。

お薬手帳の構成

お薬手帳は、以下のような構成になっていました。

  • お薬手帳の概要
  • あなたの大切な情報
  • 薬局記入欄
    • 医療機関名・連絡先
    • 薬の処方履歴・メモ
  • 薬についての基本情報
  • 臨床検査欄

お薬手帳の概要

お薬手帳の写真

お薬手帳の概要には、「お薬手帳とは」「記入例・利用例」が記載されています。

あなたに処方されたお薬の名前や飲む量飲み方などを記録するための手帳です。あなたの身体に合わなかったお薬のことや、これまでかかった病気のことなども記録できます。(P.1 お薬手帳とは)

お薬手帳は、処方箋と一緒に毎回薬局へ提示して欲しいとの事でした。そのため、保険証と一緒に管理することにしました。

あなたの大切な情報

お薬手帳の写真

「あなたの大切な情報」には、薬剤師のかたが必要とされるであろう情報の記入欄がありました。記入項目は、以下のようなものがあります。

  • 氏名・生年月日など基本的な個人情報
  • 主な既往歴
  • 副作用 アレルギー歴
  • その他体質など

薬局記入欄

医療機関名・連絡先

お薬手帳の写真

医療機関名・連絡先は、利用した薬局でスタンプを押してくれました。スタンプには、薬局の名前や住所、電話番号、FAX番号が書かれていました。

薬の処方履歴・メモ

お薬手帳の写真 お薬手帳の写真

薬の処方履歴には、処方された薬の種類や量の一覧を、薬局が印刷して貼付けてくれました。

また、右ページ下に、「メモ(薬剤師や医師に聞きたい事など)」の記入欄があるため、薬を飲んでいて気になった事があったら、書きとめておき、薬を処方されるときに質問できるようになっていました。

薬についての基本情報

お薬手帳の写真 お薬手帳の写真

薬についての基本情報には、以下の項目が記載されていました。

  • お薬を飲み忘れた場合の対応のめやす
  • お薬の飲み方
  • お薬の副作用とは
  • お薬の相互作用とは

薬を飲むうえで、ほんの少し疑問に感じながら、とくに調べる事もしていなかったようなことが書かれていました(例えば、「とんぷく」って何だろう?とか)。

薬について疑問を感じたら、お薬手帳を開いてみると良さそうです。

臨床検査欄

お薬手帳の写真 お薬手帳の写真

臨床検査というのは、おそらく健康診断のようなものかと思われますが、詳しい事はわからないので、実際の使用方法は、医師や薬局に相談した方が良さそうです。

まとめ

お薬手帳の写真

ひさしぶりに病院に通ってみて、お薬手帳以外にも、いろいろな仕組みが改善されていることを実感しました。

しかし、診察中は居心地が悪かったです。怪我の後遺症が怖いため、痛みや違和感について、できるだけ多くの情報を出そうとしているのに、医者が考えている治療のストーリーからはずれると、医者から責められるような感じがしました。良い医者、悪い医者、色々居ると思いますが、過去に他の医者や看護士と話していても、同じような傾向を感じた事がありました。

そんなわけで、「お薬手帳」の他に、「医者が誤ったストーリーを組み立てないための、医者との会話のしかた手帳」が欲しいと思いました(^^;

-手帳
-

執筆者:


  1. sophy より:

    お薬手帳自体はとても便利でありがたいのですが、デザインは選べませんよね。わたしのは表紙に大きなイラストが入っているので吉澤さんのシンプルな手帳がちょっとうらやましいです。

  2. 吉澤 尚志 より:

    ▽sophyさんへ
    いろいろなデザインがあるんですか。それさえも知りませんでした。
    私は短い期間使用したので、デザインはあまり気にしませんでしたが、継続して使用されるかたは、デザイン選びたいですよね。
    手帳メーカーと薬関係の団体が協力して、お薬手帳作ってくれると良いですね。

  3. nam より:

    大きめの薬局ではお薬手帳のデザインを幾つかから選べるところもあるようです。
    お薬手帳は無償で配布するものなのでデザインまで気を使っている薬局は少ないでしょうね。手帳の仕入れコストは種類を増やすと増えますから。
    ちなみに手帳自体は無料ですが薬剤師さんに記入してもらうのに手数料が取られています。

  4. 吉澤 尚志 より:

    ▽namさんへ
    お薬手帳も、いろいろあるんですね〜
    こだわって使いたい人も居ると思うので、一般販売されているものもあると良いですね。

関連記事

ほぼ日手帳 2013年 革カバー ブルーブラックの写真付きレビュー

ほぼ日手帳 2013年 革カバー ブルーブラックは、タンニンでなめされた牛革を使用したカバーです。タンニンなめしの革は、使いこむうちに柔らかくなり、艶が増し、色の深みが増す特徴があります。 外側にはポ …

Moleskine 2011年 デイリー ダイアリー XSの写真付きレビュー

Moleskine 2011年 デイリー ダイアリー XSは、小さくてコロンとした印象の手帳です。今回紹介するデイリー ダイアリーの色は「グリーン」ですが、ブラック、ブルー、ピンクなど、多数の色が用意 …

iPadのある生活

Appigo Todo for iPadを探す→ iPadを予約した日。実は、自宅でiPadをどう使えばいいのか具体的なイメージがなかった。しかし、いま、すぐそこにある、すごい未来がやってくるような気 …

荷物を減らすために、ほぼ日の週間手帳を使い始めた

長期出張のときに、できるだけ荷物を減らしたいという思いから「ほぼ日の週間手帳」を使い始めました。 仕事のことは別のノートに書き込んでいましたし、出張先での食事や散歩のことなどは、iPhoneで写真に撮 …

iPhone & iPad 用「60分間・企業ダントツ化プロジェクト」(著:神田昌典)

「60分間・企業ダントツ化プロジェクト」を探す→Amazon.co.jp(紙 の書籍) iTunes(電子書籍)→60分間・企業ダントツ化プロジェクト – DIAMOND, Inc. はじ …