本・雑誌

幸せおとりよせノートの作り方(著:さとうめぐみ)

投稿日:2011/05/16 更新日:

幸せおとりよせノートの作り方(著:さとうめぐみ)の写真

手帳セラピスト、さとうめぐみさんの著書「幸せおとりよせノートの作り方」を、編集者さんから頂きました。

成功するためのノート術は、いろいろな雑誌や書籍が出ていると思います。しかし、幸せになるためのノート術は、あまり見た事がありません。

「成功する事=幸せ」ではないため、「幸せ」という言葉をダイレクトに使われている「幸せおとりよせノートの作り方」は、本のタイトルを伺ったときから、読むのを楽しみにしていました。

目次

  • はじめに
  • 第一章 幸せを手に入れるために必要な8つのこと
  • 第二章 あなただけの幸せをセレクトしよう
  • 第三章 「ライフ☆リング」に幸せをオーダーしよう
  • 第四章 それでも幸せが手に入らない!という人へ
  • おわりに
  • 巻末付録 オリジナルオーダーシート「ライフ☆リング」

自分にとっての幸せを探す

幸せおとりよせノートを作るには、まず、自分にとっての幸せとは何かについて考えます。しかし、自分の幸せとはどんなものかを考えるのは、なかなか大変です。そこで、「幸せおとりよせノートの作り方」には、「幸せカタログ」が用意されています。カタログの中から、自分が欲しいと思う幸せを選ぶ事ができます。

人生は、プライベートと仕事だけではない

幸せカタログは、「仕事」や「プライベート」だけではなく、「健康」「美容・ファッション」「心・精神」「教養」「趣味」「お金・モノ」を含む、8つのカテゴリーで構成されています。

多くの書籍は「成功」を目的としているため、「仕事」と「プライベート」に別けて目標を立てる事が多い気がします。しかし、「幸せ」を目的とする「幸せおとりよせノート」は、「健康」「美容・ファッション」など、人生を豊かにしてくれそうな様々なカテゴリーがあります。

いままでビジネス書を読んできて、「仕事」と「プライベート」を目標にしていて、人生を豊かにするために何かが足りないと感じていた人は、「幸せおとりよせノートの作り方」を読むことで、新たな視野を手に入れることができると思います。

女性だけでなく男性にも

幸せカタログの、美容・ファッションのカテゴリーには、ネイルやメイクなど、女性向けの記事が書かれています。その他のカテゴリーも、女性向けの記事が書かれています。しかし、美容・ファッションそのものについては、男性でも興味があると思います。例えば、自分の髪型や体型などは、男性でも意識するものだと思います。

男性読者の場合、カタログにあるものを、そのまま使う事はできませんが、カタログの中で解説されている考え方は、男性にも必要なことだと思います。そのため、女性だけでなく男性にも参考になる本だと思います。

まとめ

幸せカタログの中から、自分にとっての幸せを書き出してみたところ、気分が軽くなりました。自分が望んでいるものを書き出す作業は、GTDの「ステップ1. 収集:頭の中で気になっている事を全て書き出す」に似た効能があるのかもしれません。

そのため、「幸せおとりよせノートの作り方」は、仕事やプライベートで閉塞感を覚えている人に、とくにお勧めしたい1冊です。

幸せおとりよせノートの作り方を探す→Amazon.co.jp

-本・雑誌

執筆者:


  1. 【事務局より】『幸せおとりよせノートの作り方』が紹介されています

    PlusDiary.com 手帳と文房具のレビューサイト様で、『幸せおとりよせノートの作り方』(廣済堂出版)が紹介されています。

    以前の記事はこちらから
    『シンクロニシティ手帳2011』紹介記…

関連記事

モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ(著:川畑のぶこ)

減らす技術を読み、モノを減らようになってから、モノを減らすことで得られる快適さを知りました。それ以降、減らすことに関連する本を読んでいます。 先日、貧乏入門のレビュー記事への、hse9212さんからの …

家計のムダ徹底仕分けマニュアル – 日経マネー 2010年03月号

最近、ムダ遣いが多いから、なんとかしたいなぁと思っていたところ、日経マネー 2010年03月号に「家計のムダ徹底仕分けマニュアル」が掲載されているということで、読んでみることにしました。 「家計のムダ …

JILL STUART BEAUTY 2012年 マンスリー手帳の写真付きレビュー:mina 2012年01月号 特別付録

mina 2012年01月号は、特別付録として、JILL STUART BEAUTYの2012年 マンスリー手帳がついています。 B6サイズほどの大きさで、ハードカバーの薄いピンクの表紙に、黒リボンの …

社会学を学ぶ(著:内田隆三)

以前、爆笑問題のニッポンの教養で取り上げられていた社会心理学が面白く、社会とは何かということについて、もっと考えたいという思いから、「社会学を学ぶ(著:内田隆三)」を読んでみました。 目次 序章 社会 …

クリエイター25人の愛用品 Real Design January 2010

章仁さんのブログで、Real Design January 2010のことを知り、丁度本屋さんに立ち寄ったので購入しました。 インテリアデザイナーや建築家、アートディレクターなど多様な業種のクリエイタ …