手帳

うまくタスク管理することの虚しさ

投稿日:2011/06/21 更新日:

iPhoneと、ほぼ日手帳の写真

タスク管理してうまく仕事をこなすということは、危機的状況に陥る事なく、そつなくこなして成果をあげることだと思う。

しかし、そんな仕事、虚しくないか!?

命燃やして、考え抜き、拳を握りしめ、苦悩しながら、全力でぶつかり合って達成したタスクこそ、本当のタスク達成じゃないか?

だから、最近、そつなく仕事をこなすためのタスク管理に疑問を感じる。もっと、バァーン!と爆発して燃え上がるようなタスク管理が必要だと思うんだ。

人生の一部を使って、淡々とタスクをこなし、人生さえも淡々とこなしてしまうなんて、虚しいじゃないか。

自分の内面にある情熱を燃え上がらせ、燃え上がった炎に他人を巻き込んで一緒に爆発して燃え上がり、さらに大勢の人を巻き込んで爆発する。そんなタスク管理ができたら最高だと思わないか?

では、具体的にどうすれば良いかって?

・・・それがわからないので、私は悲しいのです orz

 

-手帳
-

執筆者:


  1. 木下正則 より:

    初めまして、心理カウンセラーの木下といいます。
    いつも、楽しい記事、そして参考になる内容、有難うございます。
    今回のタスクに関する内容。
    昔、私も同様なことで考えたことがあります。
    そのとき、この方から心理学を学び、その後その悩みもなくなり、今ではその方と同じ仕事をするようになりました。
    もしよかったら、私の師匠である心理カウンセラーの衛藤信之先生のブログをご覧いただければと思います。
    このようなコメントが適切かどうかはわかりませんが、
    毎回拝見しているファンとして、思わずここに書き込ませていただきました。
    今後のあなた様のご活躍を心からお祈りします。
    http://ameblo.jp/n-etoh/entry-10928809005.html

  2. 吉澤 尚志 より:

    ▽木下正則さんへ
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    紹介いただいたブログ記事を読ませていただきました。心理学は、気になる学問の1つです。
    西洋学である心理学に、東洋思想の雰囲気を感じる、ネイティブアメリカンの考えを組み合わせるのは面白そうですね。
    他の記事も、ゆっくり読ませていただきます。ブログの紹介ありがとうございました。

  3. こんにちは。
    その人なりの性質があるから・・・。
    バーンとできちゃう人は、逆に淡々と過ごせる人を羨ましく思ってたりする。
    そんなものかもしれません。
    答えはないのだと、思っています。

  4. 吉澤 尚志 より:

    ▽通りすがりの朱雀さんへ
    情熱と穏やかは、怒りと無気力に繋がると思うので、そのバランスが難しい気がしています。みんなが情熱的になる必要はないし、みんなが穏やかになる必要はないけど、怒りと無気力に飲み込まれる事は避けたいと思っています。

  5. 鶴丸 より:

    久々にこちらに書き込んで見る(笑)
    私は昔、タスク管理を仕事とプライベートにキッチリ分けて居ました。
    そのほうが、邪魔なものが見えずに良かったからです。
    ただ、職を変え(自営→主夫→社員)て行く中で、仕事とプライベートを混在する様になってきました。
    すると、不思議な事にキッチリ分けて居た頃の仕事タスクと違い、なんだか暖かいタスクに成って来たんです。
    仕事意外のタスク(例えば子供の誕生プレゼント購入…など)が混在される事による、仕事の意味合いが変わって見える様に成ったと言うか…
    確かに仕事だけを考えれば、プライベートタスクは邪魔なのですが、今はこのタスク管理が気に入って居ます。
    あっ!長く成ってしまった(^^;へへ

  6. 吉澤 尚志 より:

    ▽鶴丸さんへ
    こちらではひさしぶりですね(笑)
    産業革命により仕事と家事に労働が分離され、家事の労働としての地位が下落し、情報革命による情報漏洩対策により、タスク管理の場所が職場と家で分離せざるをえなくなってきているような気がします。
    そのため、仕事とプライベートのタスク管理を分離しなければいけない人と、分離しなくてもいい人で、仕事やプライベートとの向き合い方に違いが出てきそうですね。

  7. 鶴丸 より:

    本当、分離せざるを得ない人は居ますもんね。
    確かにプライベートへの向き合いは♪違いますよね。

    まぁ、どっちが良いのかは分かりませんが(^^;

関連記事

日々の100のレシピカードボックスと、LIFE NOBLE MEMO

最近、日々の100 (著:松浦弥太郎)という本を読み始めました。 日々の100には、暮しの手帖編集長・文筆家の松浦弥太郎さんが愛用している100のモノの写真と、そのモノとの付き合い方や出会い、想いなど …

知的生産手帳 2011の写真付きレビュー

今日は、NPO法人 知的生産の技術研究会から発行されている、「知的生産手帳 2011」を紹介します。 手帳の構成 知的生産手帳は、スケジュール欄の他に、読み物やフォームがたくさんあります。構成を大きく …

断捨離スケジュール帳2013の写真付きレビュー

やましたひでこさん監修の「断捨離スケジュール帳 2013」が発売されました。シンプルなデザインの手帳に、断捨離を実践するための記入欄や情報が掲載されています。 手帳の表紙 断捨離の手帳らしく、シンプル …

大切なものと向き合うための、MOLESKINE 星の王子さま

MOLESKINE 星の王子さま 限定版ノートブックは、世界中で読まれている「星の王子さま」のデザインが施されたノートブックです。このノートブック、発売と同時に入手し、長い間引き出しの中にしまっていま …

SMYTHSON(スマイソン)の手帳 写真付きレビュー

Smythson Panama Diary with pocket 2010の写真付きレビューです。 友人のおかげで入手できた手帳。最高に気に入っています! 今回入手したSmythson Panama …