整理術・片付け 本・雑誌

引越し後、一番最初に気になったのは水回りの掃除の仕方でした。

投稿日:

2011.06.30 自宅の写真

1ヶ月近くブログを放置している間に、自宅の引越しをしました。新しい家は、日当り良く窓も多い開放的な明るい家です。クワガタやカブトムシが飛んでくるほど自然豊かな場所にあります。

2011.06.30 自宅の写真

数ヶ月前から楽しみにしていた引越ができて、思い描いていた以上に素敵な部屋に住み始め、最初に気になったのは掃除の方法でした。この素敵な部屋を、永く素敵なままにしておきたい。そんな思いから、どうすれば上手に掃除できるかについて考えるようになりました。

掃除の中でも、水回りは特に汚れやすいので、「水回りをどうやって清潔に保つか」について最初に考えました。

2011.06.30 自宅の写真

台所は、リビング兼仕事場から見える場所にあるので、今まで以上に清潔にしたいと思いました。そのために、油汚れや水滴がない状態を保つ方法を考えました。

  • シンクに水滴を残さないように、飛び散った水滴を布巾で拭く
  • 食事後、食器を洗い、水気を拭いたあと、その布巾でガステーブルや台所全体を拭き上げる
  • 三角コーナーを、自立する水切りにして、ぬめりや臭いが出ないように工夫

2011.06.30 自宅の写真

奇麗なお風呂や洗面所も、カビや汚れがあると気持ちよく使う事ができません。気持ちよく使うために、こまめに拭き上げするようにしました。

  • 風呂上がりに、体を拭いたタオルで浴室を拭き上げる
  • 朝、寝癖をなおすついでにシャンプー台(洗面所)で頭を洗う。洗い終わったら、頭を拭いたタオルでシャンプー台を拭き上げる
  • 鏡に付いた水滴は、鏡横のトレーに置いてあるタオルで、こまめに拭き取る

ドイツ流掃除の賢人の写真

今回紹介した掃除の方法は、「ドイツ流掃除の賢人(著:沖幸子)」という本からヒントを得て考えました。

ドイツ流掃除の賢人では、使う事と、掃除をすることがセットになっています。そして、どうすれば楽に掃除することができるかを、よく考えられています。

新しい部屋と、永く良い付き合いをしていくためにも、「ドイツ流掃除の賢人」を参考に、掃除上手になっていこうと思います。

ドイツ流掃除の賢人を探す→Amazon.co.jp

-整理術・片付け, 本・雑誌

執筆者:


  1. こんばんは。素敵なお部屋に引っ越されたご様子。いいですね♪私も引っ越したい氣持ちはあるのですが、「次こそ大吉方位引っ越し!」を目標としているので、今は動けず…。
    私はトイレは『簡単に手早くできて、苦にならない』をテーマに掃除しています。お風呂場は私も課題です…(^_^;)

    最近フランクリンプランナーを使い始めました。以前読んだはずなのに記憶に残っていなかった!!尚志さんの過去記事を、改めて拝見しています。
    すでに良い効果を得ています。ほぼ日カズンと合わせて、来年も楽しく使って行こうと思います。

    いつもありがとうございますm(_ _)m

  2. 吉澤 尚志 より:

    ▽通りすがりの朱雀さんへ
    トイレ掃除はまだうまくできていないので、今考え中です。本では、使うたびに、ブラシで軽く掃除することになっていますが、うちは、流せるトイレブラシなので別の方法を思案中です(^^;

    フランクリンプランナー良いですね。使っていると、気分が前向きになります。

  3. おふち より:

    尚志さま、お引越しおめでとうございます。新築かしら?内装も明るくて、尚志さまの生活にぴったりですね!

    バスルームが、まさにバスルームなのに驚きました。日本の洗面所、浴室じゃないですよね。お風呂の壁は、入浴後スクイズ(スクイジ?)で掃除するときれいに保てますよ。あと、うちは蛇口にアクリルたわしを置いていて、お風呂に入りながらでもお風呂桶の汚れを取ったりします。

    新居での心地よい毎日をお祈りします。

  4. 吉澤 尚志 より:

    ▽おふちさんへ
    ありがとうございます。色々探して、新築物件のアパートに引越すことができました。
    お風呂のワイパーは、風呂用品売り場に行くたびに気になっていました。やっぱり便利なんですね。今度、試してみます。

  5. おふち より:

    尚志さま、お返事ありがとうございます。身辺をすっきりさせると引越し運がついてくるのかしら。丁度一年前に始めた私の研究室(職場)の片付け、見た目はあまり変わっていないようで、中身が変わったので、仕事運がついたようです。来年には転職とともに引っ越すことになりました。きっかけをつくってくれたうちの一人はお会いしたこともない尚志さまですね。どうもありがとうございます。

  6. 吉澤 尚志 より:

    ▽おふちさんへ
    引越し運と仕事運がアップされたようで、良かったですね。このブログを通して、きっかけの一人になれたのなら、嬉しいです。おめでとうございます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ニッポンの新オドロキ文房具

ニッポンの新オドロキ文房具―技術に、機能に、デザインに世界が驚嘆する! (別冊GoodsPress) の写真

ふらりと、立ち寄ったコンビニで見かけて、ぱらぱらめくって、面白そうだったので購入しました。なぎら健壱さんへのインタビュー記事が、とくに気に入りました。

no image

年収200万円からの貯金生活宣言(著:横山光昭)

年収200万円からの貯金生活宣言(著:横山光昭)の写真

家計に関する本をちゃんと読んでみようと思い、「年収200万円からの貯金生活宣言(著:横山光昭)」を手にとりました。

年収200万円といえば、マスコミで格差社会などと騒がれ始めた頃に出てきた年収の閾値(いきち/しきいち)。「年収200万円前後は、生活できないんじゃないの?」という金額。

その金額で貯金できるなら、普通の賃金の人なら楽々貯金できるはず。そう思って、この本を選びました。

no image

パーソナル・マーケティング(著:本田直之)で、必要とされる人になる

パーソナル・マーケティング(著:本田直之)の写真

小さくまとまっている自分に嫌気がさすことがあります。

その嫌気をどうにか解消しようと思い、ブログで記事を書いたり、Twitterでつぶやいたりすることで、たくさんの人たちとコミュニケーションをとっていますが、コミュニケーションをとればとるほど、生身の人間との関わりを、もっと多く持ちたい気持ちが一層強くなっていきます。

小さくまとまらず、生身の人間との関わりを多く持つには、どうしたら良いのか?その方法がわかりません。

思考整理術・佐藤可士和さんへのインタビュー記事

仕事をしていると、「特別な方法」で成果をあげることを期待されることはありませんか? たとえば営業職なら、「あなたの営業のスキルを、新人でも簡単に習得できないか?」「新人でも大きな成果をあげられるように …

no image

PORTER 50th ANNIVERSARY BOOK

PORTER 50th ANNIVERSARY BOOKの写真

付録にレザーマルチケースが付いた「PORTER 50th ANNIVERSARY BOOK」をコンビニで見かけました。しばらく鞄を買うこともないし、必要ないかもしれないなと、購入をしばらく迷ったのですが、数日後、付録のレザーマルチケースがやっぱり欲しくなり、本屋で購入しました。