Google ADS 自動サイズ

Mac・モバイル

SoftBank 007Zの写真付きレビュー

更新日:

SoftBank 007Zの写真

引越し後、ネットへ繋げられない状況が続きました。そのとき痛感したのが、ノマド化が全然できていないことでした。

いままで、パソコンと手帳と文具さえあれば、どこでも仕事ができると思っていました。しかし、パソコンがネットへ繋げられない状態では、ブログの更新ができません。場所に縛られて仕事をするなんて、私らしくない。そう強く感じてデータ通信端末の購入を本気で考えるようになりました。

SoftBank 007Zの写真

そこで選んだのが、SoftBank 007Z。選んだと言うと聞こえが良いですが、当初、UQ WiMAXや、docomo BF-01Bの購入を検討していました。しかし、UQ WiMAXは、自宅で電波がほとんど入りませんでした。さらに、docomo BF-01Bは、在庫がありませんでした。

検討していたものが両方ダメになり、ふらふらと、ソフトバンクショップに入ったところ、店員のお姉さんがカウンターから出てきて親切に説明してくれて、「これなら契約したい」と気持ちが切り替わり、即決しました。

  • 静岡県東部では、42Mbps出るところはほとんどないけど、3G接続可能
  • いま契約すれば、キャンペーン価格の月額3,880円で利用を続けられる
  • 自宅近辺ではdocomoの電波より、SoftBankの電波の方がよく入る

SoftBank 007Zの写真

ディスプレイはシンプル。回線接続状態や、バッテリー量、無線LAN機器接続状況などが表示されています。

SoftBank 007Zの写真

本体全面下部には、SoftBankの文字。

SoftBank 007Zの写真

本体右側面には、WPSボタン、CONNECTボタン、電源ボタン、外部アンテナコネクタがあります。

  • WPSボタン・・・Wi-Fiの有効/無効切り替え
  • CONNECTボタン・・・インターネットの接続切り替え
  • 電源ボタン・・・電源ON/OFF
  • 外部アンテナボタン・・・基本的に使用できない(サポート対象外)

SoftBank 007Zの写真

本体左側面には、外部接続端子、メモリーカードスロットがあります。

  • 外部接続端子・・・micro USBケーブルまたはACアダプタを接続
  • メモリーカードスロット・・・32GBまでのmicro SDカードを使用可能

SoftBank 007Zの写真

本体背面下部には、WiFiと007Zの文字があります。

まとめ

SoftBank 007Zを使うようになってから、生活が劇的に変わりました。フレッツ光の工事の関係で、ネット接続できない状態から、できる状態に変わっただけでも大きな変化ですが、場所に縛られずブログ更新できるのは、大きな変化です。

自宅での通信速度が、3Mbps〜8Mbps出ているので、少し前のADSL回線を使っているかのようなスピード感です。42Mbps出る地域であれば、フレッツ光さえ要らなくなりそうです。

 

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-Mac・モバイル

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.