Google ADS 自動サイズ

デジタルカメラ・カメラ

OLYMPUS PEN E-P3の写真付きレビュー

更新日:

OLYMPUS PEN E-P3の写真

OLYMPUS PEN E-P3 ツインレンズキットを購入しました。

この数ヶ月、毎日引越しのことで頭がいっぱいで、休日も動き回っていました。そのため、引越しが落ち着いたら、自分が本当に欲しいと思うものを、1つ買おうと思っていました。そこで購入したのが、PEN E-P3です。

OLYMPUS PEN E-P3の写真

箱は、それほど大きなサイズではありません。カメラ本体やレンズ、説明書などが入って少し余裕がある程度のサイズです。

今回、シルバーのPEN E-P3を購入しましたが、箱に掲載されている写真は、黒のPEN E-P3の写真でした。箱の写真は、黒のPEN E-P3で統一されているようです。

OLYMPUS PEN E-P3の写真

PEN E-P3 ツインレンズキットのセット内容は、以下のとおりです。

  • カメラ
    • PEN E-P3 本体
    • カメラグリップ
    • ボディキャップ
    • ストラップ
  • レンズ2本
    • M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm f3.5-5.6 II R
    • M.ZUIKO DIGITAL 17mm f2.8
  • バッテリー
    • リチウムイオン電池
    • リチウムイオン充電器
  • ケーブル
    • USBケーブル
    • AVケーブル(モノラル出力)
  • その他
    • 取扱説明書
    • DVD
    • 各種小冊子

リストにすると、たくさんあるように見えますが、本体とレンズ2本、バッテリー+αという感じの、必要最小限のセット内容です。

OLYMPUS PEN E-P3の写真

PEN E-P3とカメラグリップは、分離した状態で箱の中に入っています。自分でカメラグリップを着ける楽しみが、演出されています。

OLYMPUS PEN E-P3の写真

カメラグリップを取り付ける場所は、ツルツルした加工です。金属の質感が良くでていて、このまま使いたいほど美しい表情です。

OLYMPUS PEN E-P3の写真 OLYMPUS PEN E-P3の写真

カメラグリップは、PEN E-P3本体右側にあるネジ穴に取り付けます。カメラグリップの裏面は起毛加工されており、PEN E-P3本体を傷つけない工夫をされています。

ネジを締めるには、コインが必要です。私は、このカメラとのご縁がありますようにという願いをかけて、5円玉でネジを締めました。神社やお寺でもらった御浄銭がある人は、それで締めると気持ちが引き締まるかも。

OLYMPUS PEN E-P3の写真

カメラグリップを取り付けたところです。シルバーのカメラ本体に、カメラグリップの黒が入って、雰囲気が引き締まりました。

OLYMPUS PEN E-P3の写真 OLYMPUS PEN E-P3の写真

カメラ左側には、ストラップ用の金具以外何も付いていません。

カメラ右側には、ストラップ用の金具と、USB端子、HDMI端子が付いています。

OLYMPUS PEN E-P3の写真

PEN E-P3の液晶画面は、3インチ(注意:液晶保護フィルム購入前に撮影したため、輸送用の液晶保護のビニールを着けたまま撮影しました。ビニールを剥くと奇麗な液晶画面が現れます)。有機ELディスプレイなので、鮮やかな発色です。

OLYMPUS PEN E-P3の写真 OLYMPUS PEN E-P3の写真

PEN E-P3本体の背面上部には、フラッシュを出すためのボタンがあります。

背面右側には、各種操作ボタンとサブダイアルがあります。OLYMPUSのデジカメを使うのは始めてですが、気持ちよく使う事ができました。

OLYMPUS PEN E-P3の写真

本体上部には、電源ボタン、Fn2ボタン、シャッター、モードダイアル、ホットシュー、フラッシュがあります。

カメラを構えると、ちょうどシャッターボタンの位置に、人差し指の先端が来るので、気持ちよくシャッターを切れます。ちなみに、私の手は、メンズの手袋でMサイズです。関節が太くない女性のような指です。そのため、多くの人が、このシャッターの配置を気に入ると思います。

OLYMPUS PEN E-P3の写真

PEN E-P3本体背面のフラッシュのアップボタンを押すと、シュパッ!っとフラッシュがアップします。

OLYMPUS PEN E-P3の写真 OLYMPUS PEN E-P3の写真

本体底部には、バッテリー&SDカードスロット、三脚用のネジがあります。

バッテリー&SDカードスロットは、開いたときに、不用意にバッテリーが落ちないように、ストッパーが付いています。

OLYMPUS PEN E-P3の写真

カメラを使い始めると、なかなかじっくり見る機会がない、レンズ取り付け部。本体の奥にある素子がとても奇麗です。思わず触りたくなりますが、そこは我慢。

OLYMPUS PEN E-P3の写真

PEN E-P3を使い始めるにあたって、カメラの癖を知るために、標準レンズ(M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm f3.5-5.6 II R)から使い始める事にしました。このレンズを通して色々な撮影を試した後、自分の撮影スタイルに合ったレンズを選ぼうと思います。

OLYMPUS PEN E-P3の写真

レンズには、OLYMPUSのレンズ保護フィルターを着けました。OLYMPUS製で固めることで、OLYMPUSが、PENで表現したいことを体感しようと思います。

カメラの設定は、ひとまず以下の項目を変更しました。私がカメラを使ううえで、必須の設定項目です。

  • AFイルミネータ(AF補助光)・・・OFF
  • 電子音(ピントが合った時の音)・・・OFF

旅先でカメラを使ううえで、「カシャッ」っとシャッターが切れる機械音は良いのですが、「ピピッ」という電子音や、AFイルミネータの赤い光は、空間の雰囲気を壊すので、あまり好きではありません。そのため、AFイルミネータと電子音は、必ず切るようにしています。

さて。冒頭で「引越しが落ち着いたら、自分が欲しいものを1つ買おうことにした」とお話ししましたが、なぜ、PEN E-P3を選んだのかと言うと・・・

以上の3点が、PEN E-P3を購入する際の大きな決め手でした。

店頭で実機を触った時、AF速度の早さに驚きました。このカメラなら、目で見て感動し、心が燃え上がっているうちに、その感動も逃さず撮れそうだ。こんなに気持ちよく撮れるカメラは、他にないだろう。そういう直感が働き、PEN E-P3を選びました。

夏に予定している旅行には、GR DIGITAL IIIと一緒にPEN E-P3を持って行きます。写真撮影していてこんなに楽しいのは、GR DIGITALを購入したとき以来かもしれません。PEN E-P3は、シャッター切るのが無条件に楽しいカメラです。

PEN E-P3を探す→Amazon.co.jp楽天市場

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-デジタルカメラ・カメラ
-

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.