Google ADS 自動サイズ

Mac・モバイル

働く女性向きスマートフォン、docomo F-12Cの写真付きレビュー

更新日:

docomo F-12Cの写真

グローブトロッターと富士通が開発したdocomo F-12Cは、働く女性に似合うスマートフォンです。グローブトロッターは英国王室に愛されたトラベルケース・ブランドで、エリザベス女王や故ダイアナ妃も利用されていたそうです。

F-12Cが店頭にならぶようになり、実際に手にしたところ、「気持ち良い持ち心地」「思ったより軽い」「生活の中にF-12Cがあったら楽しくなりそう」と感じました。さらに、100年先も色あせないデザインを目指して開発されたということで、実機を触った印象だけでなく、コンセプトも共感できるスマートフォンでした。

F-12Cで目指したデザインは、100年先も色あせない「100年ケータイ」。このコンセプトはGLOBE-TROTTERのアイテムとも共通してお り、「持ったときが終わりではなく、そこから100年かけて、子どもや孫の世代まで語り継いでほしい」という思いが込められている。「旅行カバンはユー ザーにとって思い出を詰める箱だが、スマートフォンも性能やスペックで物を語るのではなく、ペットやパートナーのような存在。100年ケータイと言っても 実際に100年使うことはないだろうが、普遍的なデザインは100年持つものだと思う」(田窪氏)ITmedia

docomo F-12Cの写真

選んだ色はローズゴールド。黒や青、シルバーなどのいわゆる男性っぽい色から離れた物を持ってみたくなったことと、フェミニンな色さえも似合う大人の男になれたら、それは素晴らしいことかもしれないという思いから、勇気を振り絞ってローズゴールドを選びました。

docomo F-12Cの写真

画面は見ていて落ち着く色合いです。最近のパソコン画面、特にWebサイトは、無数の広告が他に負けまいと目立とうとするあまり、原色が多くてギラギラしていて、色の洪水で疲れますから、持ち主の生活に寄り添うスマートフォンくらいは、落ち着く優しい色合いの画面がちょうど良い気がします。

docomo F-12Cの写真 docomo F-12Cの写真

ボタン類は目立たないデザインになっていますが、手に持つと操作しやすい場所にあるため、どこに何のボタンがあるのか目視する必要なく、自然に操作することができます。

docomo F-12Cの写真

イヤホン端子には防水機能が付いています。防水機能付きですが、ゴムキャップのようなものはありません。洗練されたデザインに、ゴムキャップがあったら雰囲気が台無しですからね。

docomo F-12Cの写真

F-12C ローズゴールドは、背面がとくに美しいです。ヘリンボーン柄があしらわれており、見る角度や光の加減で、柄が見えたり見えなかったりして表情が変わるので、見ていて飽きません。

docomo F-12Cの写真

赤外線や、おサイフケータイも付いています。最近、地方でもおサイフケータイを使えるお店が増えつつあるので、これからスマートフォンを持つなら、おサイフケータイ機能があると、小銭要らずで楽しく買い物できるようになると思います。

docomo F-12Cの写真

背面下部には、GLOBE-TROTTERのロゴが描かれています。ロゴも同系色で描かれているため、見る角度によって表情が変わります。

docomo F-12Cの写真

これだけ質感が高いと、女の子が持つには、物の魅力に人が負けてしまいます。そのため、働く大人の女性が持つのにふさわしいスマートフォンだと思います。自分の魅力に自身がない人は、魅力のある物を持って、その魅力に負けない自分になるのも良いと思います。

今の私は、質感の高いローズゴールドのスマートフォンを持てるほど魅力がないと感じていますし、男性なので、似合うようになるには女性よりも大変ですが、このスマートフォンの魅力に負けない自分になれるよう、自分を磨いて行こうと思います。

F-12Cの本を探す→Amazon.co.jp

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-Mac・モバイル

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.