手帳 本・雑誌

残業0の手帳術 – DIME 2011年10月18日号

投稿日:2011/10/05 更新日:

残業0の手帳術 - DIME 2011年10月18日号の写真

DIME 2011年10月18日号は「残業0の手帳術」です。官僚の手帳術や、手帳メーカー開発者が語るこれからの手帳のあり方などが掲載されており、手帳ユーザーとしてだけでなく、手帳ブログ管理者としても、興味深く読ませていただきました。

目次

  • HACKS・・・時間管理のマル秘技を伝授
  • BERTICAL・・・残業ゼロなら目も充実バーチカル!
  • MEMO・・・スマホユーザー注目の目もタイプ手帳
  • DESIGN・・・超レア!手帳開発者のぶっちゃけトーク
  • HOBONICHI・・・3.11を経て、ますます愛おしくなるほぼ日手帳
  • COVER・・・こだわりカバー手帳で注目度アップです!
  • GOODS・・・ふせん、マスキングテープetc…上手に使いこなそう!
  • ノート&組み合わせ・・・机に置く?持ち運ぶ?ログ向き手帳
  • Google・・・使用率急上昇!ツウな使い方を教えます
  • App・・・スマホ派におすすめの手帳アプリ紹介
  • デジアナメモ・・・スマホでもメモりたいあなたにぜひ!

官僚の手帳術 – 残業0の手帳術

残業0の手帳術というタイトルのもと、小山龍介さんや、美崎栄一郎さんをはじめとする、ビジネス書作家さんたちや、ビジネスマンの手帳が写真付きで紹介されています。

その中でも特に気になったのは、官僚の手帳術です。官僚の知り合いが居ないため特に気になりました。現職ではスケジュール管理を秘書に任されているそうですが、スマートフォン(Googleカレンダー)で予定管理し、MOLESKINEにアイディアを書き込まれていたそうです。

シンプルな道具でも、多忙な業務をこなし、アイディアを練られているのが凄いと思いました。私も、道具をシンプルにしたいです。シンプルな道具で成果を上げたいです。

手帳メーカー開発者が語るこれからの手帳のあり方

手帳ブログ管理者として、特に気になったのは「手帳メーカー開発者が語るこれからの手帳のあり方(P.30)」です。手帳メーカー5社の方々が、これからの手帳について対談されています。対談されていたのは、以下の5社です。

  • 日本能率協会マネジメントセンター
  • デザインオフィス WONDER WORLD
  • ダイゴー
  • デザインフィル
  • 高橋書店

手帳売り場の状況、ライフスタイルの変化、スマホとの関係について対談されています。その対談の中でも特に気になったのは、「手帳売り場は新製品が誌上に出づらい環境で、作り手は変化球を投げがち。しかし、エンドユーザーは普遍的なスタイルを求めているのではないか」という主旨の発言があったことです。

弊ブログでは毎年手帳レビューをしていますが、奇抜な手帳や定番の手帳を紹介しがちです。しかし、それだけでなく、普遍的なスタイルでありながら、市場に新しく参入してきた手帳を紹介していくことも大切だと思いました。

特別付録 – スマホ連動手帳

コクヨ「CamiApp」 x DIMEスペシャル企画 スマホ連動手帳の写真

特別付録は、スマホ連動手帳です。スマホ連動手帳は、KOKUYOのCamiAppのお試し版のようなノートです。

コクヨ「CamiApp」 x DIMEスペシャル企画 スマホ連動手帳の写真

KOKUYOのCamiAppは、以前、弊ブログで紹介したショットノートのようなノートです。ショットノートやCamiAppを試してみたいかたに、お勧めの付録です。

DIMEを探す→Amazon.co.jp

-手帳, 本・雑誌
-,

執筆者:


  1. […] 残業0の手帳術 – DIME 2011年10月18日号 (via PlusDiary.com 手帳と文房具のレビューサイト 2nd.) たまに猛烈に紙の手帳が欲しくなる […]

関連記事

それだけのために作られた道具を愛する

必要なものだけをじっくり時間をかけて選びぬいて、それを大切にながくながく愛着をもって使っていく。りえさんの服、持ち物、道具を見ているとその価値観が伝わってきます。そして、モノに対し、なんにでも使えると …

出張中は、ほぼ日手帳を使わなくなる

先日の出張で気づいたのですが、出張中は、ほぼ日手帳をほとんど使わなくなるようです。変わりによく使うようになるのが、 ほぼ日のメモ帳とiPhoneです。 iPhoneがあれば、電車の時間を簡単に調べられ …

ほぼ日手帳 オリジナル 2013の写真付きレビュー

ほぼ日手帳2013年版は、装丁が一新されました。クロス張りの表紙で強度と質感が向上しました。ほぼ日手帳の表紙は、使用時は、ほぼ日手帳のカバーをかけて使うため、ほとんど見えないところです。そのほとんど見 …

ジブン手帳を試用中

とある文具店でジブン手帳を見かけて「これが噂のジブン手帳か・・・」と、購入する気もなくパラパラめくったところ、手帳としての完成度の高さが気になり試さずには居られなくなり、数日迷ったすえに購入しました。 …

ほぼ日手帳と、映画チケットの半券

何年も映画館から足が遠のいていたのですが、アバター3Dをきっかけに映画館の楽しさを再認識しました。その後、ゴールデンスランバーに魅了され、3回も観に行ってきました。 映画に行ったあとのチケットの半券は …