Google ADS 自動サイズ

手帳

ほぼ日手帳に写真を貼付ける、普通の方法

更新日:

R0011444.jpg

先日、ほぼ日手帳に写真を切り貼りしていることを紹介しました。今回は、写真を切り貼りする具体的な方法を紹介します。

手順

貼りたい写真を選んで、ほぼ日手帳に貼付けるまで、30分ほどで実施することができます。そのさいの手順は、以下のとおりです。

  1. WordやPagesに写真を貼り付ける
  2. 写真をリサイズする
  3. A4のコピー用紙に印刷する
  4. 切る
  5. ほぼ日手帳の上に並べてレイアウトを考える
  6. 消え色ピットで貼り付ける

1. WordやPagesに写真を貼付ける

scr2012011901.jpg

保存してある写真の中から、ほぼ日手帳に貼付けたい写真を選び、WordやPagesを開いて貼付けます。写真のリサイズ等は次のステップで実施しますので、ひとまずWordやPagesの上に、レイアウト等気にせず写真を貼付けてください。

2. 写真をリサイズする

scr2012011902.jpg

WordやPagesに写真を貼付けただけではサイズが大きすぎるので、写真をリサイズして、横4列に並べます。横4列に並べる理由は、A4用紙を四つ折りにしたサイズがA6サイズであり、ほぼ日手帳はA6サイズの手帳であるためです。また、ほぼ日手帳の1日ページの左側には、スケジュールを記入する欄があるため、その記入欄にまたがって写真を貼付けないように、A4用紙に4枚の写真を横に並べるようにして、写真をリサイズします。

3. A4のコピー用紙に印刷する

R0011427.jpg

WordやPagesを使ってリサイズした写真を、WordやPagesを使って印刷します。私は、A4のコピー用紙を利用しています。理由は、いつでもプリンターにセットしてあり、紙切れの心配がないためです。

写真用紙と違い、多少、印刷が粗く見えますが、大きな写真を縮小して印刷していますし、ほぼ日手帳の紙の雰囲気と、コピー用紙に印刷した写真の質感がマッチしているため、気にせずコピー用紙に印刷しています。

4. 切る

R0011431.jpg

印刷したら、切ります。ハサミで丁寧に切ります。

5. ほぼ日手帳の上に並べてレイアウトを考える

R0011436.jpg

ほぼ日手帳に貼付ける前に、ほぼ日手帳の上に切った写真を乗せて、レイアウトを考えます。レイアウトを考える前に糊付けしてしまうと、スペースが小さくて納まりきらなかったり、バランスが悪くて見苦しかったりして、失敗して嫌な気分になることがあります。嫌な気分になるのを回避するためにも、糊付けする前に、ほぼ日手帳の上に並べてレイアウトを考えます。

6. 消えいろPITで貼る

R0011437.jpg

レイアウトが決まったら、糊を付けて貼付けます。私は、消えいろPITという糊を使っています。理由は、糊の色が青色なのですが、乾くと透明になる性質を持っており、切った写真の端にちゃんと糊が付いているかどうか、青くなっているのを目視して確認できるためです。

完成!

R0011444.jpg

貼り付けが終わって、完成です!

写真へのコメントやメモの記入は、気が向いたときにしています。たとえば、人を待っているときなど、ちょっと時間が空いたときに、ほぼ日手帳を見返して、思い出したことを楽しんだり書き込んだりしています。

写真を貼付けてから気づいたのですが、今回、貼り付けに使用した写真は、すべてiPhone4Sで撮影した写真でした。ほぼ日手帳に貼付けたくなるような日常の風景は、iPhone4Sで撮影することが多いようです。それに、A4のコピー用紙に縮小印刷して切って貼付けていますので、高価なカメラで撮影した写真も、iPhone4Sで撮影した写真も、あまり変わらないような気がしています。

写真をリサイズしたり、印刷したり、切ったり、貼ったりするのは少し面倒かもしれませんが、写真を撮りたいと思うほど感動し、写真を撮ったときの記憶を思い出しながら、楽しんで切り貼りしてみてください。

消えいろPIT→Amazon.co.jp

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-手帳
-,

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.