本・雑誌

シゴタノ!手帳術(著:倉下忠憲・北真也)

投稿日:2012/04/26 更新日:

シゴタノ!手帳術(著:倉下忠憲・北真也)の写真

目次

  • はじめに
  • 1. クラウド時代の手帳との付き合い方
  • 2. 毎日が楽しくなるほぼ日手帳の魅力とは?
  • 3. 目指す未来へナビゲートする、フランクリン式ほぼ日手帳術
  • 4. 自分の「記録」を蓄積する、ライフログ式手帳術
  • 5. 手帳の機能を(補完+拡張)するクラウドツールたち
  • おわりに

たたらで働く女性たちのように

宮崎駿監督の映画、もののけ姫に出てくる、たたらで働く女性達は、楽しそうに働いています。それを見たアシタカは、「女性が元気な村は良い村だと聞いています」と言っていました。

しかし、最近の日本はどうでしょう。女性に限らず、男性も、悲痛な顔で働いています。楽しそうに働いているのは少数派ではないでしょうか。

海外から「Made in Japan」ともてはやされ、効率よく、良いものをつくっても、働く人々が悲痛なままである限り、良い国にはなりません。

「シゴタノ!手帳術」は、仕事を楽しくするにはどうすれば良いのかを柱にして書かれた手帳術の本です。今まで多数発行されてきた、成功者になってお金をたくさん儲けて、良い生活をしようという本とは少し違う内容の本です。

「シゴタノ!手帳術」で解説されている具体的なノウハウだけを見ると、過去に発行された成功者になるための本と重なって見えることもあるかもしれません。しかし、もう少し視野を広くして、そのノウハウの向かう先がどこにあるのかということも意識すると、このノウハウで仕事を楽しみ日々の生活も楽しめそうだという気持ちになります。

仕事での成果はそれなりに出しているけど、どうも、日々楽しくない。そう感じている人には特におすすめの一冊です。

シゴタノ!手帳術→Amazon.co.jp
もののけ姫→Amazon.co.jp
プロフェッショナル 仕事の流儀スペシャル 宮崎 駿の仕事→Amazon.co.jp

-本・雑誌

執筆者:

関連記事

共感してもらうのに大切なことは?:「伝わる」のルール(著:伊藤直樹)

いい映画や本を読んでいると、ほのかに嬉しい気持ちになったり、哀しい気持ちになったり、感情をそっと動かされます。 ブログも同様に、単に日常のことを綴っているだけのブログなのに、なぜか楽しいブログがありま …

iPhoneで勝間和代さんの本が読める。「ディスカヴァー デジタルブックストア」オープン!

勝間和代さんや、本田直之さんの本を出版している、ディスカヴァーさんが、デジタルブックストアをオープンされました。 ディスカヴァーデジタルブックストアで買ったデジタルブックは、パソコンでもiPhoneで …

手帳の掟 モノ・マガジン2012年11月16日号

モノ・マガジン 2012年11月16日号の特集は「手帳の掟」。40ページ近くある読み応えのある特集記事です。 目次 主な記事(モノ・マガジンの目次で大きな文字で書かれているもの)は、以下の通りです。 …

趣味の文具箱 vol.20

趣味の文具箱 vol.20が発売されました。 魅惑の文房具の数々が紹介されているだけでなく、強く心を掴まれる記事があるのが、趣味の文房具の特徴です。今回は、「書く時間を味わう宿 山の上ホテル」という記 …

COACH 万年筆・MonoMax 2013年1月号 特別付録

MonoMax 2013年1月号の付録に、COACHデザインの万年筆が付いています。写真付きで紹介していきますが、この万年筆は、付録とは思えないすばらしい質感の万年筆です。 セット内容は、ペン本体とイ …