Google ADS 自動サイズ

手帳

あなたにとって手帳とは何ですか?

更新日:

ほぼ日手帳の写真

以前、某誌の記者さんから取材いただいたときに「あなたにとって手帳とは何ですか?」という質問を頂きました。そのときの私には、あまりにも難しい質問で、答える事ができませんでした。

それ以来、ことあるごとに「私はどうして手帳を使うんだろう?どうしてノートを使うんだろう?どうして文房具を使うんだろう?」という思いがよぎりました。

「成功するために手帳を使うんだ!」と言い切ってしまえば格好いいのかもしれませんが、それじゃ、「成功って何?」という思いがよぎります。たとえば「会社の社長になって一生遊んで暮らせるだけの財産を手に入れる」という、いかにもわかりやすい成功像がありますが、どうもそれは私の性に合いません。

それに私は、目の前の楽しい事に熱中するタイプですから、遠い将来に達成する目標をたてて、それに向かって進んで行くというのは、退屈な人生を過ごすということと同じです。目標を立てるのが好きではないと言うと社会人失格と言われかねませんが、スティーブ・ジョブズも次のように言っています。

繰り返しですが、将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。運命、カルマ…、何にせよ我々は何かを信じないとやっていけないのです。私はこのやり方で後悔したことはありません。むしろ、今になって大きな差をもたらしてくれたと思います。スティーブ・ジョブズ

では、私の「点」は何かというと、小学校低学年の頃までは将棋をやっていました。その後、テレビゲーム、イラスト、バスケ、プログラミング、KART、Blogと、色々なことに手を出しています。どれも中途半端な熱中の仕方ではありません。人様に関心して頂けるような実績を残した物もいくつかあります。

私の「点」はまだバラバラです。多少の繋がりがあるものもありますが、これからも「点」を大切にしていくことでしょう。ですから、将来の成功のために目標をたてて手帳を使うということはできません。目の前にある「点」を大切にするために手帳を使います。

目の前にある「点」を大切にすることは、私にとって、人生を楽しむ事です。つまり、私にとっての手帳は、「人生を楽しむための道具」です。

では、この記事を読んでくださったあなたに、あらためて質問します。「あなたにとって手帳とは何ですか?」

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-手帳
-

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.