Google ADS 自動サイズ

Mac・モバイル

ビジネス書を読むなら、iPad miniとKindleアプリをお勧めします

更新日:

iPad miniとKindleアプリの写真

iPad miniとKindleアプリでビジネス書を読み始めたところ、非常に快適で手放せないものになりました。今後は、Kindleアプリで読めない本は、購入対象から外したいほどです。その理由は、次のとおりです。

  • 簡単にハイライトを入れられる
  • ハイライトを一覧表示できる
  • 紙の本のように左右に1ページずつ表示できる
  • 本棚に本が増えない

それぞれの理由について解説します。

簡単にハイライトを入れられる

気になる場所を指でなぞって、蛍光マーカーで線をひくような感覚で使える「ハイライト」機能がお気に入りです。

紙の本に蛍光マーカーで線をひくと、間違えて線をひいた場合に消す事ができないため、線をひくことを躊躇することがあります。しかし、iPad miniとKindleアプリなら、ハイライトを入れる場所を間違えたと感じたら、すぐに消すことができます。

ハイライトを一覧表示できる

iPad miniとKindleアプリの写真

良い本ほどあとからハイライト部分を読み返したくなります。Kindleアプリを使っていれば、読み返したくなったときに、ハイライトの一覧を表示することができます。

ハイライトの一覧を表示できますから、簡単に目的の文章を探すことができます。

紙の本のように左右に1ページずつ表示できる

iPad miniを横にしてKindleアプリで電子書籍を開くと、まるで紙の本を開くように、2ページを1画面で表示することができます。

そのため、紙の本を読んでいるときと同じような感覚で、ビジネス書を読む事ができます。見開きでどう見えるかを意識して書かれたビジネス書も、快適に読むことができます。

本棚に本が増えない

ビジネス書を読んだ後に困るのは、本の置き場所です。なにかひとつのテーマに夢中になって読んでいるときには、同じような本が、本棚の中にずらりと並ぶ事もあります。

本棚がいっぱいになると、手放すしかありません。

しかし、iPad miniとKindleアプリを使えば、本棚にスペースがなくても、どんどん本を買い足すことができます。

iPad miniとKindleアプリの組み合わせは、たくさんビジネス書を読む人にとくにオススメします。

iPad mini→Amazon.co.jp楽天市場

関連記事

iPad miniとKindleで始める電子書籍関連記事

関連サイト

関連ツール

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-Mac・モバイル
-

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.