Google ADS 自動サイズ

Mac・モバイル

MacOSの機能でCaps LockをControlキーに替える

更新日:

Macの英語キーボードの写真

Macの英語キーボードは、「A」の左が「Caps lock」キーです。この場所には「Control」キーがよいという人も多いと思います。私もその一人です。

幸い、Macには、Capas lockキーをControlキーにする機能があります。今回は、その機能を紹介します。また、最後に「Caps lockキーをControlキーに替えるのはなぜ?」という疑問についてお答えします。

設定方法

まず、設定手順を言葉で説明します。以下の言葉でわかりにくいようでしたら、後述のスクリーンショット付きの設定方法を参考にしながら操作してください。

  1. システム環境設定を開く
  2. システム環境設定から、キーボードの設定を開く
  3. 「修飾キー…」ボタンをクリックする
  4. 「Caps Lock」のコンボボックスから、「Control」を選択する
  5. 「OK」ボタンをクリックする

手順は以上です。簡単に設定できますし、OSの機能で設定できるので、安心して設定することができます。

スクリーンショット付きの設定方法

英語キーボードのCapslockをControlにするスクリーンショット

システム環境設定を開き、「キーボード」をクリックしてください。

システム環境設定は、Macのデスクトップ左上のAppleのマークをクリックすると、プルダウンメニューの中に表示されます。

英語キーボードのCapslockをControlにするスクリーンショット

「キーボード」設定画面を開いたら、右下の「修飾キー…」というボタンをクリックしてください。

「Bluetoothキーボードを設定…」の上にあるボタンです。

英語キーボードのCapslockをControlにするスクリーンショット

ダイアログが出てきますので、「Caps Lock」というコンボボックスをクリックしてください。

英語キーボードのCapslockをControlにするスクリーンショット

コンボボックスから、「Control」を選択してください。

英語キーボードのCapslockをControlにするスクリーンショット

「OK」ボタンをクリックして設定終了です。

おまけ。Caps lockをControlキーに替えるのはなぜ?

Aキーの横はControlキーにするのが当たり前という人や、Aキーの横はCaps lockキーが良いという人はともかく、Caps lockキーをControlキーに替えることに疑問を抱かれるかたも多いようです。そこで、Caps lockをControlキーに替える理由を紹介します。

まず、MacOSの標準の日本語入力システムには、以下のような機能があります。

  • Control + Shift + J・・・ひらがな入力モード
  • Control + Shift + K・・・カタカナ入力モード
  • Control + Shift + ;・・・半角英字入力モード
  • Control + J・・・入力中の文字を、ひらがなに変換
  • Control + K・・・入力中の文字を、カタカナに変換
  • Control + L・・・入力中の文字を、全角英字に変換
  • Control + ;・・・入力中の文字を、半角英字に変換

実際に入力してみると実感されると思いますが、「A」キーの左に「Control」キーがあると、ホームポジションからほとんど手を動かすことなく、「ひらがな」「カタカナ」「全角英数」「半角英数」の入力を切り替えたり変換したりすることができます。

文字の入力量が多いと、ホームポジションからできるだけ手を動かさずに済むというのは、それだけで手の負担が大幅に減ります。

文字変換に慣れるまで、少し練習が必要かもしれませんが、慣れた後は入力がとても楽になりますので、練習することをオススメします。

Mac USキーボード→Amazon.co.jp

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-Mac・モバイル
-

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.