Mac・モバイル

MacOSの機能でCaps LockをControlキーに替える

投稿日:2012/11/21 更新日:

Macの英語キーボードの写真

Macの英語キーボードは、「A」の左が「Caps lock」キーです。この場所には「Control」キーがよいという人も多いと思います。私もその一人です。

幸い、Macには、Capas lockキーをControlキーにする機能があります。今回は、その機能を紹介します。また、最後に「Caps lockキーをControlキーに替えるのはなぜ?」という疑問についてお答えします。

設定方法

まず、設定手順を言葉で説明します。以下の言葉でわかりにくいようでしたら、後述のスクリーンショット付きの設定方法を参考にしながら操作してください。

  1. システム環境設定を開く
  2. システム環境設定から、キーボードの設定を開く
  3. 「修飾キー…」ボタンをクリックする
  4. 「Caps Lock」のコンボボックスから、「Control」を選択する
  5. 「OK」ボタンをクリックする

手順は以上です。簡単に設定できますし、OSの機能で設定できるので、安心して設定することができます。

スクリーンショット付きの設定方法

英語キーボードのCapslockをControlにするスクリーンショット

システム環境設定を開き、「キーボード」をクリックしてください。

システム環境設定は、Macのデスクトップ左上のAppleのマークをクリックすると、プルダウンメニューの中に表示されます。

英語キーボードのCapslockをControlにするスクリーンショット

「キーボード」設定画面を開いたら、右下の「修飾キー…」というボタンをクリックしてください。

「Bluetoothキーボードを設定…」の上にあるボタンです。

英語キーボードのCapslockをControlにするスクリーンショット

ダイアログが出てきますので、「Caps Lock」というコンボボックスをクリックしてください。

英語キーボードのCapslockをControlにするスクリーンショット

コンボボックスから、「Control」を選択してください。

英語キーボードのCapslockをControlにするスクリーンショット

「OK」ボタンをクリックして設定終了です。

おまけ。Caps lockをControlキーに替えるのはなぜ?

Aキーの横はControlキーにするのが当たり前という人や、Aキーの横はCaps lockキーが良いという人はともかく、Caps lockキーをControlキーに替えることに疑問を抱かれるかたも多いようです。そこで、Caps lockをControlキーに替える理由を紹介します。

まず、MacOSの標準の日本語入力システムには、以下のような機能があります。

  • Control + Shift + J・・・ひらがな入力モード
  • Control + Shift + K・・・カタカナ入力モード
  • Control + Shift + ;・・・半角英字入力モード
  • Control + J・・・入力中の文字を、ひらがなに変換
  • Control + K・・・入力中の文字を、カタカナに変換
  • Control + L・・・入力中の文字を、全角英字に変換
  • Control + ;・・・入力中の文字を、半角英字に変換

実際に入力してみると実感されると思いますが、「A」キーの左に「Control」キーがあると、ホームポジションからほとんど手を動かすことなく、「ひらがな」「カタカナ」「全角英数」「半角英数」の入力を切り替えたり変換したりすることができます。

文字の入力量が多いと、ホームポジションからできるだけ手を動かさずに済むというのは、それだけで手の負担が大幅に減ります。

文字変換に慣れるまで、少し練習が必要かもしれませんが、慣れた後は入力がとても楽になりますので、練習することをオススメします。

Mac USキーボード→Amazon.co.jp

-Mac・モバイル
-

執筆者:

関連記事

iPhone & iPad 用「60分間・企業ダントツ化プロジェクト」(著:神田昌典)

「60分間・企業ダントツ化プロジェクト」を探す→Amazon.co.jp(紙 の書籍) iTunes(電子書籍)→60分間・企業ダントツ化プロジェクト – DIAMOND, Inc. はじ …

no image

Macの買い換え検討中にリストアップした、3つの条件

Apple Storeのスクリーンショット

最近、Macの買い換えを検討しています。今のiMacとは4年ほど付き合ってきましたが、そろそろ動作速度がきつい状態になってきました。OSやアプリの色々な機能を停止させたり、ファイルを整理したりしてみたところ多少改善しましたが、動作が重くなることが、たびたびあります。

そこでこの数ヶ月の間、店頭に何度も足を運び、展示されているMacを触っていました。購入条件は、以下の3つです。

no image

Reeder for iPhoneのレビュー

Reeder for iPhoneの写真

Reeder for iPhoneは、Googleリーダーを利用している人に、おすすめのRSSリーダーです。

私は最近まで、iPhoneのSafariからGoogleリーダーを利用していました。Googleリーダーはよくできているため、専用アプリの必要性は感じていませんでした。しかし、Webをさまよっていたところ、Reederの評判が良かったので、試用することにしました。

no image

MacBook Air 11インチを買いました – 喫茶店で珈琲を啜りながら使いたいMac。

MacBook Air 11インチの写真

ノートパソコンの会社持ち込み禁止。そんな状況でも、どうしても欲しかったMacBook Air 11インチ。先日の発表後、毎日、MacBook Airの購入ボタンを押しかけて思いとどまる日々が続いていました。

no image

iPhone ケース – RANDOM New Air jacket set for iPhone 3G – の写真付きレビュー

RANDOM New Air jacket set for iPhone 3G の写真

RANDOMのエアジャケットを探す→楽天市場

USBメモリ機能付きの腕時計ってありますよね?でもあれって、電子機器メーカーがファッションを考えて作った腕時計なんです。だから、洋服と合わせると、どうしても違和感がある。

それで、私、以前から言っているのですが、ファッションブランドが腕時計にUSBメモリ機能をつけてほしいんです。腕時計はアクセサリーですから、アクセサリーとしてしっかり存在しておいて、「あ、そうそう。USBメモリ機能も付けておいたからね。」という程度のさりげない存在感が、USBメモリに必要だと思うんです。

さて、話が変わりますが、先日「カッコいいiPhoneのケースが欲しい!」と思い立ち、ファッションブランドがデザインしたiPhoneケースを探したところ、原宿のセレクトショップ RANDOMがデザインしたケースに出会いました。