手帳

ほぼ日手帳活用法 ほぼ日のメモ帳で専門用語を理解する

投稿日:2012/11/26 更新日:

ほぼ日のメモ帳の写真

IT技術者という仕事柄、知らない専門用語を理解しなければいけないことがよくあります。

いまの仕事は好きでやっていて、用語を理解するのも楽しくてしかたないのですが、なかなか理解できなくて苦しむこともよくあります。

ほぼ日のメモ帳の写真

1つの技術に対して、理解しなければいけないことが多くて苦しんでいるときは、すぐに理解できたものを、ほぼ日のメモ帳に書き込みながら理解を進めていきます。

なぜ、理解できたことを、わざわざ、ほぼ日のメモ帳に書き込むのかというと、難しい技術を理解するために、すでに知っている技術を利用して、理解しようとすることがあるためです。

つまり、難しい技術を攻略するための、弾丸を集めているようなイメージです。

ほぼ日のメモ帳の写真

ほぼ日のメモ帳への、書き込み方は次の通りです。

  • 日付
  • 用語
  • 用語の説明
  • 説明の補足

この書き方は、「仕事に効くノート術・日経ビジネスAssocie 2012.07」で紹介されていた東国原英夫さんのノートの使い方をアレンジした書き方です。

最近、理解したい技術がとても多いため、東国原英夫さんのノートの使い方を、改めてまねしていこうと思います。

  • A6サイズのノートを使う
  • 1冊を表からと裏からの2方向から使う
  • 表からは、知識を深めたいキーワードと、その意味、問題点、メリット・デメリットなどを書き込み情報を追加していく
  • 裏からは、データや雑学的なことを書く
  • 主語や述語を意識して論理的に書く

関連記事

-手帳
-,

執筆者:

関連記事

日経WOMAN – 人生が変わる!手帳術

日経WOMAN 2010年11月号の特集は、「人生が変わる!手帳術」です。 特集記事は、「著名人へのインタビュー記事」「手帳の記事」「ノートの記事」の3つで構成されています。 今回は、目次と、特集の中 …

ほぼ日手帳に常備菜の名前を書き込む。iPhoneにはレシピを書き込む。

自炊の割合を増やすために、常備菜のレシピを調べ始めました。常備菜とは、きんぴらや煮浸しなどの作り置きできるお惣菜のことです。 最初、ほぼ日手帳に常備菜を書き出そうとしたのですが、作る際のポイントも含め …

Moleskineに書き込んだこと -火事場の応援について-

仕事をしているとときどき遭遇するのが、他者が仕事で問題に直面し、処理しきれなくなって、無関係の自分が応援にかり出されること。いわゆる火事場の応援。 火事場の応援のとき、やってはいけないと思っていること …

ほぼ日手帳 WEEKS 2011を試用して1週間の感想

ほぼ日手帳 WEEKSを試用しはじめて、約1週間経ちました。 この1週間の間に、深夜残業があったり、スキルアップのための講座に出たり、京都旅行したり、いろいろなことがありましたが、気持ちよく使えていま …

万年筆を使って考える。落ち着いた気分に。

ひさしぶりに万年筆を使いたくなり、PILOT PRERA (パイロット プレラ)万年筆に、ブルーブラックのインクカートリッジを取り付けました。 このところ、ボールペンで言葉や図を書いたり、パソコンで文 …