Google ADS 自動サイズ

手帳

ほぼ日手帳活用法 ほぼ日のメモ帳で専門用語を理解する

更新日:

ほぼ日のメモ帳の写真

IT技術者という仕事柄、知らない専門用語を理解しなければいけないことがよくあります。

いまの仕事は好きでやっていて、用語を理解するのも楽しくてしかたないのですが、なかなか理解できなくて苦しむこともよくあります。

ほぼ日のメモ帳の写真

1つの技術に対して、理解しなければいけないことが多くて苦しんでいるときは、すぐに理解できたものを、ほぼ日のメモ帳に書き込みながら理解を進めていきます。

なぜ、理解できたことを、わざわざ、ほぼ日のメモ帳に書き込むのかというと、難しい技術を理解するために、すでに知っている技術を利用して、理解しようとすることがあるためです。

つまり、難しい技術を攻略するための、弾丸を集めているようなイメージです。

ほぼ日のメモ帳の写真

ほぼ日のメモ帳への、書き込み方は次の通りです。

  • 日付
  • 用語
  • 用語の説明
  • 説明の補足

この書き方は、「仕事に効くノート術・日経ビジネスAssocie 2012.07」で紹介されていた東国原英夫さんのノートの使い方をアレンジした書き方です。

最近、理解したい技術がとても多いため、東国原英夫さんのノートの使い方を、改めてまねしていこうと思います。

  • A6サイズのノートを使う
  • 1冊を表からと裏からの2方向から使う
  • 表からは、知識を深めたいキーワードと、その意味、問題点、メリット・デメリットなどを書き込み情報を追加していく
  • 裏からは、データや雑学的なことを書く
  • 主語や述語を意識して論理的に書く

関連記事

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-手帳
-,

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.