Google ADS 自動サイズ

手帳

ほぼ日手帳 アンリさんの革カバーは栞1本でも大丈夫

更新日:

ほぼ日手帳 アンリさんの革カバーの写真

ほぼ日手帳のアンリさんの革カバーを予約するときに、ひとつだけ気になっていたことがありました。

その気になっていたこととは、栞が1本になることです。ほぼ日手帳のカバーのほとんどに2本の栞がついていますが、アンリさんの革カバーには1本の栞しかついていません。

ほぼ日手帳 アンリさんの革カバーの写真

私は今まで「月間カレンダー」と「1日ページ」に、それぞれ1本ずつ栞を使っていました。そのため、2本の栞が必要でした。

四角のタグがついた栞を「月間カレンダー」にはさみ、三角のタグがついた栞を「1日ページ」にはさんでいました。栞のタグの形を指先で感じることで、栞を目で見なくても「月間カレンダー」や「1日ページ」を開くことができました。

ほぼ日手帳 アンリさんの革カバーの写真

栞が1本しかついていないアンリさんの革カバーを、今まで使ってきた他のカバーと同じような使い勝手で使えないものかと考えた末、「月間カレンダー」にポストイットを貼ることにしました。「月間カレンダー」の右ページから少しはみ出すようにして、ポストイットを貼り付けてあります。

「月間カレンダー」を開くときは、ページからはみ出したポストイットに親指を引っ掛けるようにして、目的のページを開いています。

ほぼ日手帳 アンリさんの革カバーの写真

栞が1本しかないために始めた使い方ですが、この使い方が意外に気持ちよく、今では気に入っています。

アンリさんの革カバーで栞が1本になったことで、栞を握れば必ず「1日ページ」が開くようになりました。1つの動作が1つの結果と必ず結びつくのは、シンプルでわかりやすく、私好みです。

「月間カレンダー」は、ポストイットを貼ることで、栞を使って開くより小さな動作で目的のページを開けるようになりました。

栞2本の使いやすさも捨てがたいですが、栞が1本になったことで、今までとは少し違う使いやすさを手に入れることができました。

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-手帳
-,

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.