手帳

ほぼ日手帳 アンリさんの革カバーは栞1本でも大丈夫

投稿日:2012/11/28 更新日:

ほぼ日手帳 アンリさんの革カバーの写真

ほぼ日手帳のアンリさんの革カバーを予約するときに、ひとつだけ気になっていたことがありました。

その気になっていたこととは、栞が1本になることです。ほぼ日手帳のカバーのほとんどに2本の栞がついていますが、アンリさんの革カバーには1本の栞しかついていません。

ほぼ日手帳 アンリさんの革カバーの写真

私は今まで「月間カレンダー」と「1日ページ」に、それぞれ1本ずつ栞を使っていました。そのため、2本の栞が必要でした。

四角のタグがついた栞を「月間カレンダー」にはさみ、三角のタグがついた栞を「1日ページ」にはさんでいました。栞のタグの形を指先で感じることで、栞を目で見なくても「月間カレンダー」や「1日ページ」を開くことができました。

ほぼ日手帳 アンリさんの革カバーの写真

栞が1本しかついていないアンリさんの革カバーを、今まで使ってきた他のカバーと同じような使い勝手で使えないものかと考えた末、「月間カレンダー」にポストイットを貼ることにしました。「月間カレンダー」の右ページから少しはみ出すようにして、ポストイットを貼り付けてあります。

「月間カレンダー」を開くときは、ページからはみ出したポストイットに親指を引っ掛けるようにして、目的のページを開いています。

ほぼ日手帳 アンリさんの革カバーの写真

栞が1本しかないために始めた使い方ですが、この使い方が意外に気持ちよく、今では気に入っています。

アンリさんの革カバーで栞が1本になったことで、栞を握れば必ず「1日ページ」が開くようになりました。1つの動作が1つの結果と必ず結びつくのは、シンプルでわかりやすく、私好みです。

「月間カレンダー」は、ポストイットを貼ることで、栞を使って開くより小さな動作で目的のページを開けるようになりました。

栞2本の使いやすさも捨てがたいですが、栞が1本になったことで、今までとは少し違う使いやすさを手に入れることができました。

-手帳
-,

執筆者:

関連記事

Moleskineにカレンダーを貼付けて、大切な出来事を忘れない工夫

日常の道具をMoleskineとiPhoneにすることで、シンプルなスケジュール管理を始めたところ、1つ困った事がありました。 先月1ヶ月の間にあった、とても楽しかったイベントや、特別な会議、特別な発 …

SD手帳 個別文献シート(C−38B)の写真付きレビュー

SD手帳には様々なシートがあり、シートを見ているだけで、使い方の想像が膨らみ楽しい気分になる。今回は、楽しい気分になるシートの中から、本を読むときに便利な、個別文献シートを紹介する。 この商品は、株式 …

ドイツの手帳 X47スリムラインA6の写真付きレビュー

ドイツには優れた文具メーカーが多くある。MONTBLANC(モンブラン)もLAMYも、ドイツのメーカーだ。その、ドイツの手帳メーカーX47&X17社の「X17バラクロンの写真付きレビュー」を掲 …

ほぼ日手帳をメインで使うのを止めてから、2週間で気付いたこと

ほぼ日手帳をメインの手帳として使うのを止めてから、約2週間。 毎日、ほぼ日手帳に書いていた以下の項目を、MOLESKINEカイエやiPhoneに書き留め、週に一度、ほぼ日手帳に書き写していました。 起 …

X17 バラクロンの写真付きレビュー

X17シリーズを探す→公式サイト(日本語)、楽天市場 X47シリーズを探す→公式サイト(日本語)、楽天市場 2010年4月。アイスランドの火山灰がヨーロッパに降り注ぎ、空港閉鎖が相次いだ。私にはあまり …