Google ADS 自動サイズ

未分類

自転車通勤するということ

更新日:

GIOSの写真

雨があがった早。空気圧を確認しながら自転車のタイヤに空気を入れ、雨に濡れたサドルやフレームを拭き上げて、きれいになった自転車にまたがり、会社に向けて住宅街を走り始めました。

すると、どこからか、干物を焼く旨そうな香りが漂ってきました。この香りは、あの仲の良さそうな老夫婦の家かららしいなどと考えていると、干物を焼くという手間のかかる朝食の仕度をしている家の、心の豊かさを感じます。

雨上がりの朝は、季節の匂いも漂ってきます。

夏にはアスファルトに沁み込む雨の匂い。冬には鼻の奥を凍らせるような氷の匂い。そういった、季節の匂いが漂ってきます。

他人の家の心の豊かさを感じ、季節や天気の匂いを感じ、そういった毎朝の些細なことを感じ取れるのは、とても幸せなことです。

この文章を書いていて、作家カート・ヴォネガットのある言葉を思い出しました。

夏、わたしはおじといっしょにリンゴの木の下でレモネードを飲みながら、あれこれとりとめもないおしゃべりをした。ミツバチが羽音を立てるみたいな、のんびりした会話だ。そんなとき、おじさんは気持ちのいいおしゃべりを突然やめて、大声でこう言った。「これが幸せでなきゃ、いったい何が幸せだっていうんだ」「国のない男 (著:カート・ヴォネガット)」

「国のない男」を読んだことはありませんが、爆笑問題の太田光さんが、テレビ番組の中でこの言葉をとりあげられていたのを観ていて、深く心に残りました。

これからも、日々の何気ないことに幸せを感じられる人でありたいです。

関連書籍

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-未分類

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.