Google ADS 自動サイズ

Mac・モバイル

iPad mini で自炊した技術書を読む

更新日:

iPad miniと電子書籍の写真

自分で電子書籍化した技術書(自炊した技術書)が何冊かあります。PDFファイルにしたそれら技術書をいつでも読めるように、iPad miniに入れてみました。

iPad miniに入れる際に、どの電子書籍アプリで読もうかと考えた末、Kindleとi文庫HDを試すことにしました。

縦で読む

Kindleはページをめくったときのアニメーションがないため、本を読むというより、PDFファイルを読んでいるという感じがします。i文庫HDは、ページをめくったときのアニメーションがあるため、本を読んでいる感覚になります。

読む気分は、i文庫HDの方が良いようです。

横で読む

Kindleは横にしても1ページしか表示しません。

いっぽう、i文庫HDは、横にすると2ページを1画面で表示してくれます。縦画面で表示したときより、本らしく見えます。

ただし、文字が小さくなり過ぎて読みにくいため、横にして読むことはなさそうです。

目次からの移動

Kindleのスクリーンショット i文庫HDのスクリーンショット

Kindleとi文庫HDには、目次からの移動を楽にできる共通の機能があります。

その機能とは、目次を表示しながら画面下部にページの一覧を表示する機能です。画面下部に表示したページ一覧を左右にフリックすることで、一覧だけ操作することもできます。

目次を表示しながら、ページ一覧を操作できるため、目的のページへの移動が楽にできます。

まとめ

iPad miniとi文庫HDのスクリーンショット

自分で電子書籍化した技術書は、読んでいるときの気持ちの良さと、目次からの移動のしやすさから、i文庫HDの操作感が好みでした。

Kindleストアで技術書を販売してくれれば一番良いのですが、それまで待てないものについては、自分で電子書籍化してi文庫HDで読もうと思います。

関連記事

関連商品


iBunkoHD

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-Mac・モバイル
-

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.