文具レビュー 本・雑誌

Goods Press 2013.01 特別付録 万年筆 写真付きレビュー

投稿日:2012/12/10 更新日:

Goods Press 2013年 01月号の写真

Goods Press 2013年01月号の特別付録に、Good Press オリジナル万年筆が付いていましたので紹介します。

Goods Press 2013年 01月号 オリジナル万年筆の写真

Goods Pressオリジナル万年筆は、ミニサイズの万年筆です。新芽のような鮮やかで明るいライムグリーンです。

Goods Press 2013年 01月号 オリジナル万年筆の写真

キャップを万年筆の後ろに着けると、一般的なサイズのペンと同じ長さのペンになります。

Goods Press 2013年 01月号 オリジナル万年筆の写真

ペン先は、ステンレス製。つるっとしたペン先です。

Goods Press 2013年 01月号 オリジナル万年筆の写真

ペン先の裏側の部品も、きっちり造られている印象です。

Goods Press 2013年 01月号 オリジナル万年筆の写真

キャップには、「Goods Press」の文字が刻印されています。

Goods Press 2013年 01月号 オリジナル万年筆の写真

ヨーロッパタイプのカートリッジインクに対応しています。ペリカンやモンブランの他に、無印良品の「アルミ丸軸万年筆用カートリッジ」にも対応しているそうですので、インクを入手しやすいと思います。

Goods Press 2013年 01月号 オリジナル万年筆の写真

ほぼ日のメモ帳に試し書きしたところ、ペン先のつるっとした印象と同様、固いしなりで若さを感じるペンでした。付属の明るい青色のインクは、書き込んでいて気持ちが軽やかになります。

個体差や紙との相性があると思いますが、さらさらと書き込んでいると、ときどきかすれることがあります。心を落ち着けて丁寧に書き込むと、気持ちよく書き込むことができます。

そのため、朝起きて、その日のタスクを書き出すときにこの万年筆を使うと、気持ちが落ち着いて良いかもしれません。

関連商品

-文具レビュー, 本・雑誌
-

執筆者:

関連記事

日々の100のレシピカードボックスと、LIFE NOBLE MEMO

最近、日々の100 (著:松浦弥太郎)という本を読み始めました。 日々の100には、暮しの手帖編集長・文筆家の松浦弥太郎さんが愛用している100のモノの写真と、そのモノとの付き合い方や出会い、想いなど …

「仕事ができる人」はノートに何を書いているのか? THE21 2010年03月号

THE21 2010年03月号に、『「仕事ができる人」はノートに何を書いているのか?』という記事が掲載されていました。前回の日経ビジネスアソシエに引き続き、ノート術の記事の紹介をします。 目次 第1部 …

reborn 30歳で生まれ変わる。 押切もえ

30代になりしばらく経ち、これから先の生き方を考えていたところに、「reborn 30歳で生まれ変わる。」という本が発売されました。 「reborn 30歳で生まれ変わる。」は、30歳になった押切もえ …

MOLESKINEをもっと使いたくなる「モレスキン 人生を入れる61の使い方」

モレ本2(モレスキン 人生を入れる61の使い方)の発売日が決まり、Amazon.co.jpで予約開始された頃、著者の1人である中牟田洋子さんから、献本させて頂きたいとの連絡をいただきました。MOLES …

すごい文房具 エクストラ

目次 すごい文房具エクストラの目次は、書ききれないほど項目が細分化されていましたので、太字で書かれていた項目をピックアップしました。 春のペンまつり2012 このノート100冊がすごい! 東京文房具探 …