Google ADS 自動サイズ

手帳

ノートの使い方・考えと事実を分けて書く

更新日:

ほぼ日のメモ帳の写真

ノートを前から順番に使うことが多かったのですが、自分の考えと、勉強のためのメモが混ざってしまい、必要な情報を探すのに手間取ることがありました。

そこで、東国原英夫さんのノートの使い方を参考に、ノートを使うことにしました。

最初のページから書くこと

ノートの最初のページから、思いついたことや、考えを巡らせたいことなど、頭の中の考えを書き込んでいます。

1ページに1つのことを書き込んでいます。

ある物事について考え始めると、考え始めたその日だけでなく、後日、そのことについて何かを思いつくこともあります。そういったときには、思いついたことを書き加えています。

最後のページから書くこと

ノートの最後のページから、用語とその説明や、データといった、事実を書き込んでいます。

例えば、わからない言葉があったら、その言葉と説明を書き込みます。その説明の中にさらにわからない言葉があったら、そのわからない言葉について、さらに説明を書き込むといったことをしています。

そうすることで、わからない言葉を明確にするようにしています。

共通で書き込むこと

ノートの一番上に、書き込んだ年月日と曜日を書き込んでいます。

日付と曜日を書き込むと、何かに役立つかというと、具体的に何に役立つとも言えないのですが、あとで見返したときに「あの頃、こんなことを考えていたのか」と思いを巡らせることはできます。

まとめ

これからもノートの使い方を変えていくと思いますが、この使い方を始めたところ、用語への理解が進みやすくなった気がします。

覚えたいことがたくさんあるので、少しずつ改善しながらノートをうまく使っていこうと思います。

関連記事

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-手帳
-

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.