本・雑誌

それだけのために作られた道具を愛する

投稿日:2012/12/27 更新日:

R0016976

必要なものだけをじっくり時間をかけて選びぬいて、それを大切にながくながく愛着をもって使っていく。りえさんの服、持ち物、道具を見ているとその価値観が伝わってきます。そして、モノに対し、なんにでも使えるという効率性は一切求めないのです。珈琲をドリップするためだけのポット・・・それだけのために作られた道具を愛しているようです。しあわせのパン P.177

10ヶ月ほど前。映画「しあわせのパン」を観ました。その後、原作の小説を読み、ますます、しあわせのパンを好きになりました。

原作の中でも、私の心に深く刻み込まれているのが、冒頭の文章です。

心が忙しくなると、この言葉を頭の片隅に追いやってしまい、どんどん心が小さく苦しくなっていくのを感じます。そうして、限界を感じた頃、なくしたものを見つけるように、この言葉を思い出します。

この言葉を思い出したからといって、目の前にあるいろいろなことが勝手に解決するわけではありません。

しかし、自分の心を締め付けていた何かが、ふわっとゆるみ、ひとつひとつのことに、丁寧に向き合うゆとりができます。

これから先も、何度も忘れ、何度も思い出し、忙しさで小さくなってしまった心を救い出すことでしょう。

関連記事

本やDVD

-本・雑誌

執筆者:

関連記事

no image

Goods Press 2013.01 特別付録 万年筆 写真付きレビュー

Goods Press 2013年 01月号の写真

Goods Press 2013年01月号の特別付録に、Good Press オリジナル万年筆が付いていましたので紹介します。

no image

STATIONERY magazine No.006

STATIONERY magazine No.006の写真

STATIONERY magazine No.006を探す→楽天市場Amazon.co.jp

「STATIONERY magazine No.006」を書店で見かけ購入。「趣味の文具箱 vol.16」で予告されていたのをすっかり忘れており、バックナンバーが販売されているのかと思い購入をためらってしまったが、しばらく店内を歩いていたところ、予告のことを思い出し、購入することができた。

no image

家計のムダ徹底仕分けマニュアル – 日経マネー 2010年03月号

日経マネー 2010.03号の写真

最近、ムダ遣いが多いから、なんとかしたいなぁと思っていたところ、日経マネー 2010年03月号に「家計のムダ徹底仕分けマニュアル」が掲載されているということで、読んでみることにしました。

「家計のムダ徹底仕分けマニュアル」は、深野康彦さんと、矢野きくのさん(ブログ/Twitter)が書かれた記事です。「今回の仕分け人」と書かれていたので、毎号違うかたが記事を書かれているようです。

トリーバーチ・オリジナル手帳の写真付きレビュー:エル・ジャポン 2012年01月号

エル・ジャポン 2012年01月号に、トリーバーチ・オリジナル手帳が付録についていました。さらに、「私らしさを叶えるためのタイムマネージメント術」という特集記事が組まれていました。 タイムマネージメン …

iPhoneで勝間和代さんの本が読める。「ディスカヴァー デジタルブックストア」オープン!

勝間和代さんや、本田直之さんの本を出版している、ディスカヴァーさんが、デジタルブックストアをオープンされました。 ディスカヴァーデジタルブックストアで買ったデジタルブックは、パソコンでもiPhoneで …