文具レビュー

MONTBLANCのインク「MIDNIGHT BLUE」「ROYAL BLUE」購入

投稿日:2012/12/29 更新日:

MONTBLANCのインクの写真

MONTBLANCのインクが、そろそろなくなりそうだったので、静岡県東部にあるinkさんに行ってきました。inkさんは、2店舗あるのですが、この日行ったのは清水町のinkさんです。ちなみに、清水町と清水区は別の地域です。

inkさんには、お気に入りのROYAL BLUEを買いにいったのですが、インクが陳列されている棚を見ていたところ、MIDNIGHT BLUEも発見。そこでしばらく悩みました。「ROYAL BLUEがお気に入りだから絶対買いたいけど、MIDNIGHT BLUEも試してみたい。しかし、こんなにたくさんインクを買ってどうするのだろう。MONTBLANCの万年筆は1本しかないのに・・・」と葛藤し、「腐るものじゃないんだから、買っておけばいいじゃないか」と開き直り、2箱お買い上げ。

MONTBLANCのインクを2箱も買ったので、ものすごい贅沢をした気分になっていましたが、よく考えてみたら、1箱700円もしないんですよね。私の贅沢は、とても安上がりでした。

MONTBLANCのインクの試し書きの写真

MIDNIGHT BLUEと、ROYAL BLUEで試し書きしてみました。

MONTBLANCの万年筆には、まだ、ROYAL BLUEのインクカートリッジが入っていたので、MIDNIGHT BLUEは、雑誌のおまけの万年筆に入れて試し書きしました。

MIDNIGHT BLUEは、星や月が輝く明るい夜空といった印象です。日没後、ほのかに青みがかっている夜空にも似ています。私が一番好きな夜空の色です。

ROYAL BLUEは、くすみのない美しい青です。箱根のPOLA美術館で見た、ゴッホの「アザミの花」を思い出します。ゴッホの「アザミの花」は1度見たきりのため、インクの色とはまったく違うかもしれませんが、青の印象がとても強かったのを覚えています。展示されている絵画の前で魅入ってしまい、しばらく立ち尽くしていました。

いままで、お気に入りのROYAL BLUEでたくさん文字を書いてきましたが、MIDNIGHT BLUEも好きになりました。

とくに、ROYAL BLUEで手帳やノートのページいっぱいに文字を書き込んだとき、ページ全体が明るくなりすぎる印象があったため、ページを埋め尽くすように文章を書くときは、MIDNIGHT BLUEを使いたいと思いました。

MIDNIGHT BLUEで埋め尽くされた中に、点々と、ROYAL BLUEがあると、美しい色味になりそうな気がします。

関連商品

関連記事

-文具レビュー
-

執筆者:

関連記事

フリクション 赤・青・黒 3色のレビュー

多色ボールペンでセットにされていることが多い「赤」「青」「黒」の3色。 今回は、フリクションの3色の色の雰囲気について紹介します(使いやすさ等のレビューは前回の記事を参照願います)。 赤のフリクション …

LIFE NOBLE MEMOを1冊使い切った。

会社で使っていた、LIFE NOBLE MEMO RULED B7横罫。メモを書いて手渡したり、自分の考えを整理したり、日々、大活躍。 その、LIFE NOBLE MEMOを、1冊使い終わりました。 …

コンパクトで安い断裁機の写真付きレビュー。 ScanSnapと合わせて自炊開始!

紙の本を電子書籍に加工する(自炊する)ため、ScanSnap S1300に続き、断裁機を購入しました。 断裁機本体について 今回購入した断裁機は、「カール事務器 ディスクカッター DC-210N」とい …

uni-ball Signoは、シンプルで使いやすいペン

道具をシンプルにしていったら、ペンも1本あれば十分な気がしてきました。 そう思うようになって数ヶ月、uni-ball Signo 0.38mmの黒しか使っていません。他の黒いペンも試してみましたが、私 …

能率手帳 補充ノートとジェットストリームの組み合わせが気持ち良い

買いだめしていた「能率手帳 補充ノート(商品番号 8902)」を使い始めました。 1冊30ページの非常に薄いノートが、10冊入っています。このノートは、能率手帳普及版や能率手帳GOLDにはさんで使うノ …