文具レビュー

最近お気に入りの万年筆2本

投稿日:

ミニ万年筆2本の写真

ミニ万年筆を良く使っています。1本はMONTBLANC モーツァルト。もう1本は2005年のLapitaの付録の檸檬色の万年筆です。

もともと、MONTBLANC モーツァルトにROYAL BLUEのインクを入れて使っていたのですが、MIDNIGHT BLUEのインクを試してみたいと思い、押し入れの中で眠っていた檸檬色の万年筆を使い始めました。

MIDNIGHT BLUEのインクとの相性が良かったようで、さらさらと気持ちよく書くことができるため、インクの試し書きのために取り出したつもりが、いつの間にかメインで使うようになっていました。

そういえば、もう、ずいぶん前になりますが、ファッション誌で「ミニ万年筆を、ワイシャツの胸ポケットにさすのがオシャレ」といった記事がありました。ペンのクリップ部分に宝石が埋め込まれたミニ万年筆は、アクセサリーとして十分成り立ちそうでした。

先日、万年筆を販売している通販サイトをいろいろ見てまわっていたところ、「オシャレ文具のMONTBLANC」という紹介をされていたのを見かけて、違和感を覚えました。

私にとってMONTBLANCは、実用品であり愛用品です。気持ちよく、さらさらと書くことができるため、いつまでも文字を書いていたい気持ちにさせてくれる、特別な万年筆です。

そのため、オシャレのために持つのではなく、書くのを楽しむために持ってもらいたい万年筆です。

ただし、MONTBLANCの万年筆の中には、宝石をあしらったものもあるので、そういったものは、書くことを楽しみつつ、オシャレのために持つのも良いのではないかと思います。

-文具レビュー
-

執筆者:

関連記事

no image

情報カードを使い始めた理由のひとつは、情報がアフォードしてこないストレス

情報カードの写真

情報カードを使い始めた理由のひとつに、情報がアフォードしてこないことに対するストレスがありました。

コレクト 情報カード 5×3 方眼(Amazon.co.jp)
コレクト 情報カード 5×3 無地(Amazon.co.jp)

「アフォード」とは、例えば天井の照明からひもがぶら下がっていれば、それは「引っ張る」ことを意味しており、ひもではなく壁にスイッチがあれば、それは「スイッチを押す」ことを意味しています。

no image

情報カードの箱を使い始めました。

コレクト カードボックス 5×3 蓋無 木製 CB-5302の写真

情報カードを整理するために、コレクトの情報カードボックス(CB-5302)を購入しました。木製で蓋無しのカードボックスです。

コレクト カードボックス 5×3 木製(Amazon.co.jp)

白っぽい色の木材を使用しているため、少し日焼けしてくるとちょうど良い色合いになりそうです。

no image

無印良品 滑らかな書き味のノートの写真付きレビュー

無印良品 滑らかな書き味のノートの写真

しばらく前に、無印良品で見かけて気になっていた「滑らかな書き味のノート」を購入しました。マットブラックの表紙の質感が良く、万年筆での筆記も可能な上質紙が、コンパクトなA6サイズにまとめられていたため、私好みのノートかもしれないと思い、ずっと気になっていました。

no image

京都 裏具 – 葉書・便箋のお店に行ってきました

京都 裏具の写真

先日、京都にある、葉書・便箋のお店、「裏具」さんを訪れました。

uni-ball Signoは、シンプルで使いやすいペン

道具をシンプルにしていったら、ペンも1本あれば十分な気がしてきました。 そう思うようになって数ヶ月、uni-ball Signo 0.38mmの黒しか使っていません。他の黒いペンも試してみましたが、私 …