未分類

温かいお弁当と、握り立ての鮨。

投稿日:

弁当の写真

コンビニのお弁当は、レンジでチンして温かくして食べられます。しかし、それはどうも風情が無い気がします。コンビニ弁当に風情を求めるのは間違いでしょうけど、幕の内弁当までレンジでチンして暖めてしまうのは、ちょっとどうなのかなぁと。

冷えた幕の内の、少し濃い味のおかずをつまみつつ、固くなった冷たい俵型のご飯を箸で切り取るようにして持ち上げて頬張り、熱いお茶で流し込むと、冷えた幕の内弁当が美味しいだけでなく、お茶の香りも引き立つような気がします(ちなみに上の写真は、冷えても美味しい駅弁です)。

鮨の写真

ところで最近、回転寿しによく行きます。食べる量を自分で調節できるし、回っている鮨をつぎつぎにとってしまえば、短い昼休みに手早く昼食を済ませられるため重宝しています。

回転寿司屋で食事をしていると、まわりの人たちはタッチパネルをつかって次々に注文し、回転している鮨にはほとんど手をつけていないように見えます。

食べたい鮨が回っていないという他に、「握り立ての新鮮な鮨を食べたい」という気持ちからでしょうけど、鮨は握り立てがうまいというわけでもないような気がします。

元来、鮨というのは家へみやげに持って帰ることも出来るほどのものだし、ちょっと置いといたほうがいいという人もいるわけだから、それほどあわてて食べなくてもいいけどね。「男の作法」著:池波正太郎

たとえば、通夜のあとの会食に鮨が用意されていることがよくあります。寿司桶に入れられた出前の鮨は、多少時間が経って乾いた鮨です。しかし、案外そういった鮨はうまいものです。

即物的なことで言うと、一度冷えたものを温めて食べるのは電気の消費につながりますし、回転している鮨に誰も手を付けなければ食品ロスにつながります。

チェーン店は、冷めた方が美味しいお弁当や、時間が経った方が美味しい鮨を出して、そういった弁当や鮨を積極的に売り込んでいって欲しいと思います。

「温かいお弁当」や「握りたての新鮮な鮨」は魅力的な売り文句ではありますが、冷たくなったお弁当や、時間が経った鮨を楽しめる情緒は心の中に持っておきたいと思います。

男の作法(著:池波正太郎)→Amazon.co.jp

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

ヴィンテージ アイラ5年 カスク・ストレングスが好き!

ヴィンテージ アイラ5年 カスク・ストレングスの写真

私の、いちばんお気に入りのウィスキーを紹介します。「アイラ5年」という、ボトラーズブランドのウィスキーです。ボトラーズブランドとは、蒸留所から樽ごとウィスキーを買い付け、独自に熟成やボトリングをして販売するブランドのことです。

アイラ5年は、ラガヴーリンというウィスキーの5年ものを、独自にボトリングしていることが多いそうです。

no image

アスペルガー症候群という特徴。

クローズアップ現代のスクリーンショット

NHK クローズアップ現代 アスペルガー症候群

昨夜(2010.04.21)放送のクローズアップ現代の中で、アスペルガー症候群がとりあげられていました。

アスペルガー症候群とは、他人の感情を感じることが苦手な特徴があり、特定の物事へのこだわりが強い特徴もあるそうです。

他人の感情を感じることが苦手であるため、職場でのコミュニケーションが成立せず、退職に追い込まれるケースもあるようです。

no image

映画「探偵はBARにいる」の特典付き前売り券購入

映画「探偵はBARにいる」前売り券の特典の写真

私は、映画の情報にはできるだけ接しないようにして観に行くタイプです。テレビCMや映画情報番組で、「ラスト5分にとんでもない展開が!」とか「主人公は、内気だけれど芯が強い少女」とか、そんな説明を聞いてしまうと、事前に得た情報を確認するために映画を見ているような気分になってしまうため、できるだけ映画の情報に接しないようにして観に行くようにしています。

no image

思っている以上に、睡眠は大切

時間のメモと腕時計の写真

実体験から、睡眠不足が続くと非常に気分が悪くなることを以前から感じていました。情緒が不安定になり、心がどんどん小さくなって消えてしまいそうな気持ちになったり、この世から消えてしまいそうな気持ちになることもよくありました。

時事ドットコムによると、「国立精神・神経医療研究センター」でその現象が立証されたそうです。

no image

5分あればできる、朝のお弁当作り

お弁当の写真

毎日、お弁当を持って行っていると「誰が作ってるの?」と言われます。

結婚していないうえに、一人暮らしの男が、毎日お弁当を持って行っていると、不思議に思われるようです。

でも、私のお弁当作りは、毎朝5分もかかりません。