Mac・モバイル 本・雑誌

Kindle Paperwhiteを購入しました

投稿日:2013/08/04 更新日:

Kindle Paperwhiteの写真

最近は紙の本を買うことがめっきり減り、電子書籍ばかり購入しています。購入した電子書籍は、iPad miniやiPhoneで読むことが多いのですが、目に優しい電子ペーパーで読みたいという気持ちが膨らみ、Kindle Paperwhiteを購入しました。

Kindle PaperwhiteとMoleskineの写真

箱を開けたときの第一印象は、画面が小さいということでした。本体全体のサイズは文庫本より少し大きいくらいですが、画面部分のサイズは文庫本より小さいMoleskine Pocketサイズよりさらに小さなサイズでした。

Kindle Paperwhiteは、小さなサイズとモノクロであることから、電子書籍化された文庫本を読むのに向いているようです。本体の価格も8,000円弱でありそれほど高くないため、文庫本のように気軽に扱うこともできます。万が一壊れてしまっても、ショックではありますがあきらめもつきます。

本をたくさん読む人なら、紙の本より安い電子書籍を買い続けることで、Kindle Paperwhiteぶんくらいの金額は捻出できるかもしれません。

Kindle Paperwhiteを使い始めたばかりで使い心地の善し悪しはまだ判断できませんが、しばらくじっくり付き合っていこうと思います。

Kindle Paperwhite→Amazon.co.jp

-Mac・モバイル, 本・雑誌

執筆者:

関連記事

私はこれでスマイソンの手帳に惚れました。 NOTE & DIARY Style Book vol.4

ノート&ダイアリースタイルブック Vol.4が発売されていることを、ほしのさんのブログで知り、本屋さんに立ち寄ったときに、Real Design January 2010とともに購入しました。 …

「しあわせのパン」をおすすめします。

「しあわせのパン」は、矢野顕子さんと、忌野清志郎さんが歌う「ひとつだけ」からインスパイアされ、三島有紀子監督が脚本を書き下ろした、映画と小説です。小説には、物語りの中にでてくる「月とマーニ」という絵本 …

「考える技術・書く技術」を受講しました

先日、「考える技術・書く技術」という講座を受講しました。ビジネスライティングについての講座です。 「考える技術・書く技術」では、文章を書くプロセスを、「考えるプロセス」と「書くプロセス」に分離していま …

趣味の文具箱 vol.24

趣味の文具箱を手にしてまず最初にやるのは、ぱらぱらっとめくること。最初からひとつずつ読み始めると、使っているところを、あれこれ想像してしまい、なかなか読み進められないためです。 今号も、ぱらぱらっとめ …

仕事で差がつく「超」手帳術

目次 スペシャルインタビュー 渡邉美樹 職種別 私の流儀、お見せします 1時限目 和田裕美 2時限目 小室淑恵 3時限目 永田豊志 4時限目 小山龍介 5時限目 美崎栄一郎 特別授業 糸井重里 保存版 …