手帳

Franklin Plannerポケットサイズは、ほぼ日手帳オリジナルと同じくらいのサイズ

投稿日:2013/10/07 更新日:

Franklin Plannerと、ほぼ日手帳オリジナルの写真

Franklin Plannerを使いたくなりスターターキットを取り寄せました。スターターキットはFranklin Plannerを使い始めるときに必要なものが全てセットになったもので、サイズとスケジュールのレイアウト別に販売されています。

Franklin Plannerオンラインショップ(楽天市場)

今回取り寄せたのは、Franklin Plannerのバインダーの中で一番小さなポケットサイズです。ほぼ日手帳と大きさを比較したところ、だいたい同じくらいの大きさでした。

Franklin Plannerと、ほぼ日手帳オリジナルのサイズ比較写真

用紙は、バインダーの金具のぶんFranklin Plannerの幅の方が少し狭くなっています。

Franklin Plannerと、ほぼ日手帳オリジナルのサイズ比較写真

Franklin Plannerの用紙をはずして、ほぼ日手帳オリジナルに乗せて比較するとよくわかります。ほぼ日手帳のマス目三つぶんほど、Franklin Plannerの用紙の幅の方が狭くなっています。

Franklin Plannerと、ほぼ日手帳オリジナルのサイズ比較写真

Franklin Plannerの用紙の方が少し狭いものの、ほぼ日手帳は1日1ページで、時間軸とメモ欄があり、ミニカレンダーや365の日々の言葉もあるため、1日2ページのFranklin Plannerの方が書き込める量は多くなっています。

また、Franklin Plannerの罫線の用紙を使うことで、バインダーのリングに挟める限り、いくらでもメモを書き込む用紙を増やすことができます。

ほぼ日手帳とおなじくらいのサイズで、メモを書き込む量をいくらでも増やすことができるため、考えていることや思っていることを、全部書き出す気持ちよさを味わうことが出来ます。

Franklin Plannerオンラインショップ(楽天市場)

-手帳
-,

執筆者:

関連記事

悩みと手帳によるタスク管理

「すべての悩みは対人関係に行き着く」と、アドラー心理学では言っています。 対人関係の悩みを解決するためには「人生の課題」を解決する必要があり、人生の課題は3つのタスクに分類できるそうです。 仕事のタス …

限定版 MOLESKINE Peanuts 60th Anniversary(スヌーピー)の写真付きレビュー

チャールズ・M・シュルツの、「ピーナッツ」誕生60周年記念の限定版モレスキン。多くの日本人には、「スヌーピーのモレスキン」と言った方がわかりやすいかもしれない。 私が購入したのは、ルールド(罫線)のポ …

Moleskineの後ろから大切な言葉を書き込んでいく

大切な言葉はできるだけ、こころに留めておきたいと思っています。大切な言葉をもとに考えて行動していれば、ひとつスジの通った人になれるような気がします。 しかし、たいてい言葉を忘れてしまいます。忘れた頃に …

日経WOMAN – 人生が変わる!手帳術

日経WOMAN 2010年11月号の特集は、「人生が変わる!手帳術」です。 特集記事は、「著名人へのインタビュー記事」「手帳の記事」「ノートの記事」の3つで構成されています。 今回は、目次と、特集の中 …

MOLESKINE カイエは、考えていることを吐き出す場所。

スケジュール管理やToDo管理、本のメモなどを管理する場所は、今までたくさん考えてきて、収まりのいい場所を見つけたけれど、考えていることを吐き出す場所がありませんでした。 特に、考え中のものを吐き出す …