本・雑誌

食費は収入の10%〜15%が目安。

投稿日:2014/01/24 更新日:

誰も教えてくれないお金の話しの写真

「誰も教えてくれないお金の話」によると、食費は収入の10%〜15%の金額が目安だそうです。

誰も教えてくれないお金の話 (Amazon.co.jp)

たとえば、日本人の平均年収が400万円ほどだそうですので、年収420万円(給料30万円 × 12ヶ月 + 賞与30万円 × 2回)で計算した場合、手取りが25万円とすると、1ヶ月2万5千円の食費で生活することになります。

1ヶ月2万5千円ということは、1日約833円。1食あたり約278円の計算になります。

  • 年収:420万円
  • 1ヶ月の手取り:25万円
  • 1ヶ月の食費:2万5千円
  • 1日の食費:約833円
  • 1食の食費:約278円

これはなかなか、たいへんな数字です。

仕事の日のお昼ご飯に500円使ってしまうと、残りは333円。缶ジュースやペットボトルの飲み物を1つ買ったら、残りは200円くらいになってしまいます。朝晩は1食100円で済まさなければなりません。

食費の割合を10%以内にするには、やはり自炊が必要ですね〜。

そんなわけで、自炊して美味しいもの食べながら、食費の割合を10%以内にしてやろうという意欲が湧いてきました。

誰も教えてくれないお金の話 (Amazon.co.jp)

-本・雑誌

執筆者:

関連記事

no image

2009年に読んだ本。人生に影響を受けた本。

2009年に読んだ本のうち、人生に影響を受けた本の写真

2009年に読んだ本のうち、「これからの人生に大きな影響を与えてくれた本」を振り返ります。

振り返るのは、「減らす技術(著:レオ・パボータ)」「人間失格(著:太宰治)」「可能世界の哲学(著:三浦俊彦)」の三冊です。

no image

カタチのいい文具 – REALDESIGN 2010年10月号

カタチのいい文具 - REALDESIGN 2010年10月号の写真

どんなに機能が優れていても、美しくないものを使うのは嫌。

REALDESIGN 2010年10月号は、カタチのいい文具特集。美しいものが好きな人なら、きっと気になるはず。

店頭で平積みにされていたこの本を、手に取らずにはいられなかった。

もたない男(著:中崎タツヤ)を読んだ感想

シンプルでおしゃれな部屋。 持ち物を減らして暮らす事に、格好良さを求める人も居るとおもいますが、「もたない男」の著者である中崎タツヤさんは違うようです。 もたない男(Amazon.co.jp) 思想や …

大人の文房具 vol.02

大人の文房具 vol.02 → Amazon.co.jp 目次 巻頭インタビュー 安藤忠雄 作家の手紙 文字で伝える 色で伝える 器で伝える 国別で選んでみる私の会いよう万年筆 百花繚乱・万年筆 カラ …

no image

あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方

あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方の写真

会ったこともないしブログを読んだこともないけど、@OZPAさんは面白い男らしい。しかも、ブログを始めてから半年で、月25万PVをかせぐブログ「OZPAの表4」をつくったらしい。そんな噂を、@kazumotoさんのブログ「Find the meaning of my life.」で見かけました。

しかも、@OZPAさんは最近本を出されたらしいということで、面白い男が書いた面白そうな本を、すぐさまAmazon.co.jpで注文しました。@OZPAさんのブログ、OZPAの表4を読んだのはそのあとのことでした。